洋食

四谷三丁目の人気店Island Burgers(アイランドバーガーズ)を訪問 トロピカルなグルメバーガーのお店にて完成度の高いパイナップルチーズバーガーをいただく 都会の喧騒を離れてリゾート気分?

目安時間 12分

この日は四谷駅近辺でトレーニングがありました。

 

この駅には今後何度か立ち寄る事になりそうです。

新たなお店と出会えますので、自分の行動範囲が広がるのは喜ばしいことです。

 

そこで、早速四谷周辺のグルメ情報を確認。

 

もともといくつか行ってみたいと思っていたお店はあるのですが、この日は平日の11時50分ごろ。

何軒か目星を付けていたお店はすでに並びが出来ているお店も少なくありません。

 

そこで本日はこちらに伺ってみました。

 

グルメバーガーの人気店「アイランドバーガーズ」です。

 

人気のお店なのでお昼ごろだと行列になっているかとも思いましたが、特に並びもなくスムーズに入店出来そうです。

 

こちらのお店は脱サラしたオーナーが3年ほど前に立ち上げたお店との事。

 

すでに食べログなどで百名店にも入っているので、脱サラ成功ですね。

事前情報によるとオーナーの変更があったそうですが。

 

 

ビーチリゾートのレストランをイメージしたというおしゃれな店内で、ひと時のリゾート気分を味わってみたいと思います。

 

気分は常夏の国ハワイ?家族連れにも人気のお店アイランドバーガーズに入店 四谷3丁目駅3番出口から2分の好立地

店内に入ってみると、おそらくまだ1歳くらいと思われる赤ちゃんの姿もありました。

先客はその家族以外には2名ほど。

 

12時を過ぎると首からストラップを提げている会社員風の方々も何名か入店。

それでも店内は満席にはなっていませんでしたので、時間はそんなに気にしなくても良さそうですね。

 

 

我が家にも小さい子供がおりますので僕はまったく気になりませんが、たまに小さい子供が奇声を上げるシーンもありましたので苦手な方もいるかもしれません。

メニューにはキッズメニューもありましたので、お子さん連れの方も遠慮なく使えそうなお店です。

 

 

まぁ、そんな子供のいる風景もリゾートっぽいと言えばぽいのでしょうか。

 

 

感じるリゾート感としては壁面の絵と、編み上げ風の椅子。

あとは外にテラス席などもありましたが、大通りに面していますのでやはり中でいただきたいと思います。

 

さっそくメニューを開いてみますと

 

 

まずは一押しと記載のあるこちらのページ。

 

最近ベーコンチーズバーガーを食べたばかりなので比べてみるのも良いかなぁと思いますが、僕が甲乙つけたところでそれが何だという気持ちになりやめました。

 

この中ではブルーチーズ&マッシュルームバーガーに心を奪われました。

 

 

2ページ目。

どうやらこちらのお店ではBBQソースがスタンダードなようです。

あとは西洋わさびを使用しているというアボカドバーガーシリーズ。

 

 

3ページ目は

 

・テリヤキソースのバーガー

・タルタルソースのバーガー

・チリソースとパイナップルのバーガー

 

ソースごとに分かれているので比較的選びやすいですね。

 

 

最後に変り種バーガーをまとめています。

 

 

選びやすいと言った舌の根も乾かぬうちに長考してしまいました。

 

お勧めバーガーをいただいておけば無難なような気もしますが、果たしてそれは本日の僕の気持ちに合致しているのか?

という脳内会議です。

 

 

考えた結果リゾート気分に適したバーガーを選ぶべきじゃないか?

という答えに達しました。

 

まぁ人気のお店ですし、どれをいただいてもおそらく美味しいのでしょう。

さらにチリソースのバーガーをいただいた事が無いということも決め手となりました。

 

ということで

 

・パイナップルチーズバーガー

 

をオーダーです。

 

 

 

スポンサードリンク




 

バーガーの上にあしらわれたヤシの木に癒されつつ、ジューシー極まりない絶品パイナップルチーズバーガーをいただいた

注文すると、まずはサラダが良いかピクルスが良いかの選択を迫られました。

すべてのバーガーにはサラダ又はピクルスとフライドポテトがセットで付いてきます。

 

ここはピクルスを選択しましたが、さらにランチタイムはドリンクもセットで付いてくるとの事。

 

 

普段飲食店で飲み物が付いてくる場合基本的にはコーヒーを注文する僕ですが、バーガーとコーヒーではなんだか取り合わせが良く無いような気がします。

 

ここはバーガーやポテトとの相性も考え、さらにカロリーも気にしたコーラ・ゼロを注文です。

 

本来ならランチビールといきたいところではありますが、この後はトレーニングの第一回目。

ほろ酔いで参加するわけにはいかないのです。

 

 

注文を終えると、まずはコーラゼロが提供されました。

 

 

この少し曲がった赤いストローでの提供にリゾートを感じるのは流石に好意的に解釈しすぎかもしれません。

 

ちなみにコーラが付かないランチ時間帯以外でもお水はちゃんと出してくれます。

 

事前情報ではちょっと提供まで時間がかかるという事も目にしていたのですが、コーラを飲んでいると10分足らずでバーガーがやってきました。

 

 

バーガーの上にはヤシの木のピックが刺さっています。

お店の公式ページによると、ヤシの木が刺さったバーガーが島に見える事からアイランドバーガーズと命名されたとの事。

 

お店の名前よりも先にこちらのヤシの木ピックが決まっていたというのはなんだか不思議な感じもしますが、まぁたしかにかわいらしいピックです。

 

 

提供と同時に中身が垂れてしまうので必ずバーガー袋をお使い下さいというアドバイスあり。

 

一切れしか乗っていない乗っていないピクルスに若干オーダーミス感を感じつつ、お店の方の助言通りバーガー袋を使わせてもらう事にしました。

最近はグルメバーガーにも慣れてきまして、バーガー袋さえあれば衣服に何も垂らさない自信があります。

 

 

まずは一口。

 

バンズは表面をパリッと焼かれていて、中身はふっくら。

パティはミディアムレアに焼かれていてジューシー。

さらにパイナップルのフルーティな酸味。

パイナップルの酸味がお肉の旨味とチーズのコクを追いかけてきます。

これが味の波状攻撃と言うんでしょうか。

 

肉汁とパイナップルの果汁が口の中で合わさって、極上のドリンクとなっています。

 

 

また一口目ではチリソースはそんなに感じませんでした。

どうやらソースにムラがあるようです。

 

これが計算なのかどうかは分かりませんが、食べ進めるにつれスイートチリを強く感じる部分もあり、こちらの思惑とは別に味変がなされていきます。

もともとそんなに濃い味付けではないので飽きないとは思いますが、味変によりさらに飽きが来ないように食べ進める事が出来ます。

 

つなぎゼロのビーフ100%のパティとの事ですが、肉感はそこまで強くは感じませんでした。

ブラックペッパーが時折鼻腔を刺激します。

 

写真ではよく分かりませんが、バーガーにはみじん切りタマネギとスライストマトもトッピングされています。

 

こちらは半分まで食べ進めた時の様子ですが、トマトはいまだその存在を表わしません。

奥の方にチラッと見えていますが、なかなかサイズの小さ目なスライストマトですね。

 

フライドポテトは見覚えのあるタイプなのでおそらく業務用と思われますが、塩味控えめでサクサクと頂けます。

 

 

全体的に完成度高く美味しい事は間違いないのですが、個人的にはもっとこちらのお店ならではの部分を感じたかった気もします。

良くも悪くもとてもまとまりのあるバーガーでした。

 

とはいえ、お腹も満たされて満足のランチです。

量としては僕が腹八分目というところなので、女性に丁度良いくらいの感じではないでしょうか?

男の人だと少し物足りなく感じるかもしれませんね。

 

 

今後何度か四谷にはお伺いしますので、また次回はスコーピオンというデスソースを使った激辛?と思われるバーガーも頂いていたいと思います。

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「面白かった!」
「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

Island Burgers(アイランドバーガーズ)

◆営業時間

11時~21時45分(L.O.21時)

 

※ランチ営業は平日の14時30分まで

 

◆定休日

無休(年末年始は不定)

 

◆場所

東京都新宿区四谷3-1-1
 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA