洋食

ザ・ハンバーグ 高田馬場店にてガッツリ飯となるポークカツ&自家製ハンバーグセット ハンバーグ専門店ならではの肉汁あふれる絶品ハンバーグをいただいた

目安時間 11分

この日は土曜日。

高田馬場まで足を伸ばしました。

 

高田馬場といえば学生の街。

お安くがっつりしたメニューがいただけることに定評のある街です。

 

 

とはいえ学生だけではなく、働き盛りの男たちをも受け止めてくれる街なのです。

 

という事で本日訪問したお店はこちら

 

 

ザ・ハンバーグ 高田馬場店

 

看板メニューをお店の名前にしていると思われますが、良く言えば自信に満ち溢れたネーミング。

悪く言う必要は無いのにあえて悪く言うと、まったくひねりの無いネーミングなのです。

 

 

お店の中をのぞくと土曜日の12時というのにお客さんの姿は見えません。

 

人気無いのかなぁ…。

とも思いましたが、食べてみないことには実際のところはわかりません。

 

そして、僕はハンバーグが大好きです。

 

 

ハンバーグに絞って営業されているのにハンバーグが美味しくないことはないだろうと思い入店してみました。

 

高田馬場駅徒歩5分。創業30年となるハンバーグの老舗 ザ・ハンバーグ。落ち着いた店内では、ベテラン職人の雰囲気漂う落ち着いたおじさま3名が作業中。

店内に入ると

 

奥の方にどうぞ!

 

と声をかけられました。

 

 

客席は細長く奥の方までクネクネとカウンターが伸びており、奥には並びで座れるテーブル席もあります。

 

 

一番奥に陣取りメニューを見てみますと。

 

 

メニューはこちらの1枚のみ。

 

あれ?お店の前で見た値段表記と若干違うような…?

 

 

どうやら土曜日はランチメニューではないようです。

提供されるメニューはまったく同じなものの、メニューの種類によっては100円以上差があるものもあり。

 

非常にマイナーチェンジなので、間違え探しのようですが

 

例えばディナーでは同じ価格でもハンバーグのみのセットにはドリンクがつかなかったり、ポークカツ&ハンバーグセットは50g分ランチの方がお得。

そして若干惹かれる生姜焼きは170円ディナーの方がお高くなります。

 

 

少し損をしたような気分になりましたが、僕が迷っている間に徐々にお客さんの数も増えてきます。

さすがに12時台なので、お店の中はあっという間に5割程度の埋まり具合。

 

 

とりあえずお店の一押しと思われる自家製ハンバーグとポークカツを一緒にいただける欲張りメニュー

 

・ポークカツ&ハンバーグセット200g(1180円)

・トッピングベーコン(100円)

 

をオーダーしました。

 

 

ごはんの量は普通(230g)中盛(350g)大盛(450g)までは無料で選べます。

ここは損をした分を取り返そうという思いで大盛りを選びました。

ちなみに+100円で特盛(600g)も可能です。

 

 

ハンバーグは150gだとちょっと小さいかも、と言われたので200gにしましたがメニューには1500gまで記載あり。

さらにそれ以上の重量でも対応できるようなので、デカ盛り好きの方にもしっかり対応可能となります。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

ジャンキーなポークカツに背徳を感じ、看板となるハンバーグは至福に包まれる。ポークカツ&ハンバーグセットは天と地を行きかう忙しいウマさ

注文すると2分ほどでスープが到着。

 

 

残念ながら具は入っておらず…

 

と思ったのですが

 

 

ギリギリ入っておりましたw

 

人参と玉ねぎですが、切れ端感がハンパ無い。

コンソメメインのスープですが、余った野菜でも出汁を取っているのでしょう。

ちゃんと美味しくいただけました。

 

これをいただきながら待っていると、10分弱でセットが到着。

 

 

ハンバーグとポークカツにまたがってベーコンがトッピングされており、なかなかわんぱくな見た目です。

 

わかりづらいですが、左上にはおろしが乗っています。

おそらくおろし醤油で食べる事を想定されたものでしょう。

 

 

ライスは大盛というだけあって山のようにコンモリと盛られております。

 

 

 

ハンバーグを割ってみますとこんな感じ。

中までしっかりと火が通っています。

 

こちらのお店では毎朝、牛7:豚3の合いびき肉のミンチを作って整形しているとのこと。

 

ソースは特についていません。

一口目はそのままいただいてみましたが、下味がついているのでそのままでも美味しい。

外はコンガリと焼かれていますが、中まで火が通っているにも関わらずふっくらふわふわでジューシー。

 

カウンター上には

 

 

醤油・ソース・塩・胡椒が設置されており、自分の好みの味付けでいただくことができます。

 

ソースはリーペリンウスターソースという酸味の強いもの。

お肉の肉汁がすごいので、調味料はどれもさっぱりといただく事を目標にしたものとなります。

 

 

さてポークカツですが、こちらは肉自体はかなり薄めです。

おそらく生姜焼きに使われるものと同じ肉なのでしょう。

 

衣は粗目でザクザク食感。

これがなかなかの量の油を吸収しており、いただくとジュワっと油の風味が広がります。

 

かなりジャンキー色の強い一品となりますので、胃腸の弱い方は避けたほうが良いでしょう。

 

しかしこの薄さもあって豚肉は大変柔らかく仕上がっております。

 

こちらも特にソースはついていません。

そのままでも下味はついていますが、僕は醤油をかけさせてもらいました。

 

 

そしてハンバーグに戻り、次はおろし醤油で。

 

瑞々しいおろしが油分を中和してくれます。

 

 

 

そして塩コショウをかけて一口。

 

個人的には塩コショウが一番シンプルで好きでした。

肉感の強いハンバーグですので、胡椒の刺激がよくあいます。

 

ソースも酢の入っているものなのでさっぱりといただけるのですが、存在感が強く素材の味が薄まってしまうような気がします。

 

 

奥にはサラダや付け合わせの野菜たちも控えています。

 

ポテトは皮つきで、食感を残したものになっております。

 

 

トッピングのベーコン。

ハンバーグといただくことでより旨味が強調されます。

 

 

 

僕より後から入った方々もさくっと食べて出ていくので、お店の回転率はかなり良さそうですね。

 

 

 

という事で初訪問となったザ・ハンバーグ。

その名に負けない大変美味しいハンバーグでした。

 

値段も1000円以下でいただけるので、新宿区にしてはリーズナブル。

またそのうちに訪問したいと思います。

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

ザ・ハンバーグ 高田馬場店

◆営業時間

11時~22時

 

◆定休日

無休

 

◆場所

東京都新宿区高田馬場2-14-7

 


 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA