カフェ

西部新宿駅近くのカリフォルニアンポキを訪問 ヘルシーである事は間違い無いながらもガッツリ感も感じられるポキ専門店で頂くカリフォルニア風?ポキ

目安時間 12分

僕のベストウエイトは62キロです。

 

舞台稽古の期間は体を動かす事も多く食事も少なくなる為62キロ近辺にとどまるのですが、ここ最近は声や映像のお仕事ばかりで体的には怠けています。

 

一時期続けていたジム通いも最近はすっかり足が向かなくなっていました。

 

 

久しぶりに体重を計測してみたところ、65キロ。

 

若い時ならともかく、40歳を目前に控えた今3キロオーバーはちょっとまずいなぁ…。

 

 

という事があり、前日の肉パレードとはうってかわって本日はヘルシー目線でお店を探します。

 

そこでたどり着いたお店がこちら

 

 

職安通り沿いにあるカリフォルニアンポキ。

 

ポキといえばハワイのポキ丼がお馴染みですが、こちらのお店はカリフォルニア風のポキを売り物にしているようです。

 

生魚と野菜のごちゃ混ぜサラダのようなイメージのポキ。

この日のテーマであるヘルシーには間違いなく合致しているお店なのですが、果たしてボリューム的に自分の食欲を満足させられるだろうか…?

 

 

やはり心の底では、がっつりしたご飯を求めている僕がいるのです。

 

 

 

5分程迷いながらお店の前を2往復した挙句、心を決めて訪問する事にしました。

 

そもそもハワイアンポキも詳しく知りませんが、一足飛びにカリフォルニアのポキを味わってみたいと思います。

 

西部新宿駅から徒歩5分。ポキ専門店のカリフォルニアンポキは解放感のある気持ちの良い内装。フリーWi-Fi完備のカフェ風の店内。

お店に入るとまずはカウンターで基本となる商品を注文。

 

ランチ帯は基本的には魚介2種または3種から選ぶようです。

 

 

お店の前にはこのような立て看板もあったのですが、いざ店内に入ってメニューを目にすると

 

 

雑然としていて非常に分かりにくいメニュー群。

 

外の看板によるとバーガーのようなものもあるみたいですが、注文を待つ店員の方のプレッシャーもありオーダーメニューの中からはバーガーを見つける事も出来ませんでした。

 

ひとまず魚介3種セットをオーダーしましたが、次はボウルのサイズとサラダの下に入るベースを選びます。

 

 

こちらのメニューには記載がありませんが、ランチタイムはS~Lまで同料金。

具体的な量が分からなかったので、ひとまずMサイズでオーダー。

 

ベースは4種類から選べます。

サラダの下のベースもサラダという糖質オフの選択肢もありますが、流石にそこまでストイックにはなりきれません。

 

ここは体の健康も考慮にいれて五穀米でオーダーです。

 

 

あらかたの外枠が固まると今度は流れるように次の工程に移ります。

 

サブウェイ方式で、まずは魚介を3種類選んでくれとの事。

 

 

お魚は三種類をこの中から選ぶと、カウンター内で店員の方がディッシャーで角切りにされた魚介類をよそってくれます。

 

僕は優柔不断でお馴染みですのでゆっくり選びたいのですが、この日は13時30分ごろの時点で先客はゼロです。

 

店内は店員さん3人に対して僕1人の3対1の構造。

 

否応なくプレッシャーを感じてしまいます。

 

 

ひとまず

 

イカ・サーモン・ビントロ

 

の3種をチョイス。

 

 

すると一息つく間もなく

 

 

今度は野菜5種を選んでくれとの事。

さらに本来は有料となるトッピングも一つ無料で付きますと。

 

もはやそれがサービスなのかランチタイムのデフォルトなのかも分かりませんが、とにかく6種の野菜を選ばねばなりません。

 

慌てている事により写真もブレまくっています。

 

 

「オススメはありますか?」

 

と繰り返し過ぎて、店員の方も僕を持て余しているようでした。

 

 

こうして店員の方との協議のうえで決まったトッピングは

 

オクラ・カニカママヨ・青唐辛子・アボカド・ブロッコリー・カイワレ

 

の6種。

この中でアボカドのみ本来は有料トッピングになるようです。

 

これは後程お店を出るとき外壁に記載があったのですが

 

 

外にはこのように一覧で表示されておりました。

 

出来れば来店前にある程度決めておかれる事をお勧めします。

 

 

こうして上に乗せるものが全て決まり、最後はレジ近くでドリンクもオーダー。

完全にサブウェイスタイルですね。

 

 

ドリンクはアイスコーヒーをオーダー。

ランチセットにはドリンクとスープが無料で付いてきます。

 

 

最後に味付けを選びます。

 

もうこの時点では選ぶ事に疲れていますので、何も考えずプレーンをオーダー。

今改めて見てみるとジンジャーも良さそうですね。

 

辛さは3辛をオーダーしたのですが、初めての方は2辛にしておいてくださいとたしなめられました。

注文が終われば即提供。ファーストフードとしてもいただけるカリフォルニアンポキは思いのほかパンチのある味わいだった。

こうして会計と同時に提供されたこちら。

 

 

色とりどりでなかなか綺麗です。

 

さて、そもそもポキをどう食べれば良いのか分からないので、またしても店員の方に聞いてみました。

 

 

「ポキは結局ソースがウマいんです。ぐっちゃぐちゃに混ぜて食べてください」

 

との事。

 

 

ひとまず箸で混ぜ合わせてみましたところ

 

 

こんな感じに。

 

頂いてみますと上からかかっているソースは醤油ベースで、辛味を足した為かどこか韓国を感じる味わい。

若干ニンニクも効いており味がしっかりしているので、さっぱりという印象ではありません。

 

サラダと言うよりはしっかり丼もの。

 

混ぜ合わせる事で一口ごとに違った素材の食感や甘味を楽しむ事が出来ます。

中でもイカのコリコリ感はアクセントとしてとても良かったです。

 

 

ちなみに辛味は2辛ではほぼ辛くありませんでした。

おそらく辛いのが苦手な方でも問題無く食べられるくらいの辛味かと思われます。

 

 

こちらには味変の為の調味料も豊富に設置されており

 

 

辛味追加の為のソースと胡麻。

 

こいつでちょっと味を足して後半は頂きました。

 

 

こうなってくると見た目的にも味わいも、より韓国感が高まります。

 

やはり大久保からも近い土地柄なのでしょうか。

 

スープは一般的な中華のワカメスープでしたが

 

 

スープカップは何故か韓国語の表記が。

 

内装はこのように

 

 

海外を意識したオシャレな作りになっているのですが、なんらかの韓国の会社が関わっているお店なのかもしれないですね。

 

 

 

 

と言う流れの訪問となったのですが、全体として感じたのはカリフォルニアンポキというよりもコリアンポキ。

 

味はとても美味しかったです。

とはいえ、やはりお肉が好きだなぁ…。

 

と改めて思ったのでした。

 

 

ご馳走様でした。

 

 

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

カリフォルニアンポキ

◆営業時間

11時〜24時(L.O.23時30分)

※ランチタイムは11時~15時30分まで

 

◆定休日

無し

 

◆場所

東京都新宿区百人町1-1-2

 


 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA