日本初の保存食アレンジメニュー専門店 イザメシテーブルが新宿マルイ本館にオープン 保存食セットであるIZAMESHIプレートをオシャレなカフェ風の店内で体験してきた

先日から小型の地震が相次ぐ東京。

 

小さい地震が呼び水となり大きい地震が…、というような話をテレビ等で目にします。

我が家では今まで特に緊急時用の食料備蓄等を行っていなかったわけですが、やはり長期保存食の一つくらい持っていた方が良いのではないかという話になりました。

 

そんな現在の東京都民の不安を反映するかのように彗星の如く現れたお店が、今回紹介させていただくイザメシテーブルとなります。

 

イザメシテーブルには本来家族での訪問を予定していたわけですが、直前になって妻が面倒臭いと言い出し僕が一人で長期保存食について調査してくることになりました。

 

 

という事で今回はグルメ記事とは若干趣が異なりますが、長期保存食についての感想を妻に伝えるとともにご紹介します。

 

イザメシテーブルがオープンしたのは新宿マルイの本館5階。

 

 

店頭にはショーケースも設置されており、保存食とは思えない彩り豊かなメニューが揃えられています。

 

スポンサードリンク

新宿マルイ本館に12/13にオープンとなったイザメシテーブル。イートインのみではなく保存食の購入も可能

平日の昼間となるこの日は新宿マルイ本館自体にそこまで人が入っていなかったので、必然的にイザメシテーブル内も空いていました。

 

お店に入るとまず入り口には保存食が立ち並びます。

 

 

全てが種類の違う保存食。

 

この中から何かを選べと言われても何を基準に選べば良いのか分からないので、やはりイザメシテーブルには家族できて色々試してみるのが良いかもしれません。

 

 

そんな選べない方に向けての保存食のセット販売コーナーも充実。

 

こちらの思いを見越した痒い所に手の届くサービスではありますが、とりあえずこちらの物販コーナーは素通りして注文を済ませたいと思います。

 

 

物販コーナーには上記以外にも災害時用の発電機やリュック。

 

 

さらにこちらをどう捉えれば良いのか分かりませんが、様々なファンシーグッズも販売されています。

 

女の子がこちらの犬のぬいぐるみを触って

 

「気持ちいー!」

 

と言っていたので感触の良さを味わえるのでしょうが、ちょっと気恥ずかしい思いから僕自身は犬のぬいぐるみの気持ち良さは未確認です。

 

 

こうして様々な物販コーナーを通りこしてカウンターに至り

 

 

こちらがイザメシテーブルのイートインメニューとなります。

 

うどんメニュー、プレートメニューの他にスイーツの保存食もあり、さらにドリンクメニューが思いの他充実。

 

 

今回はイザメシが3種類体験可能となる

 

・IZAMESHIプレート

 

をオーダーです。

 

 

この日の3種類は

 

・りんごが決めての生姜焼き

・梅と生姜のサバ味噌煮

・しっかりおでん

 

の3品。

 

なんだか保存食なのにとても美味しそう。

ネーミングセンスが光っております。

 

白米または雑穀米を選べます。

ここはより栄養価の高そうな雑穀米を選びました。

 

 

カウンター横がドリンク提供口となり、こちらでドリンクとウェイティングカードを貰って席で待ちます。

 

僕は長居するつもりはありませんでしたのでドリンクは注文しませんでしたが、料理注文の方はドリンクが100円引きで提供可能との事。

 

ドリンクを注文しなくても水は頂けるので特に問題ありません。

 

 

お店の内観はカフェ的なオシャレ空間。

 

 

イートインスペースはそこそこ広めにとってあり、収容力は十分です。

 

とはいえ大人数で来店するようなお店でもないですが。

 

イザメシテーブルで頂くIZAMESHIプレートを実食。長期間保存するという主眼の置かれた品の味わいは如何に。

という事で待つ事10分ほど。

 

OPEN後間もない店内は店員の方の数も多く、オペレーションも安定しているようでスムーズです。

 

 

こちらが今回注文のIZAMESHIプレート。

 

サラダ以外は全て長期保存食となります。

 

 

まずはこちらの雑穀米を頂いてみます。

 

結論から申し上げますと、プレート内ではこちらの雑穀米が一番保存食感がありました。

 

水分量が少なく多少ボソボソとしており、そのわりには粒だっておらずプチプチとした雑穀米特有の食感はありません。

ボソボソとしているのは雑穀米特有のものではありますが、その分を差し引いたとしても美味しいご飯とは言えませんでした。

 

 

いや、とはいえ。

 

何度も書いている通りこちらは保存食なのです。

缶から出してそのまま食べられるような代物であり、3年間の保存期間を有しているのです。

 

味があーだこーだ言うのは野暮と言うか、主眼がそういう事ではないのです。

 

 

そしてご飯以外のおかずについてはとても美味しく頂けました。

 

 

こちらの梅と生姜のサバ味噌煮。

 

皮ごと食べられるサバですが、生臭さはほぼ感じません。

普通に定食屋で出てきても遜色の無いレベル。

 

梅の風味は隠し味程度に感じるくらいですが、一緒に入っている生姜も辛くありませんのでそのまま食べられます。

 

 

そしてこちらのしっかりおでん。

 

非常にシンプルなネーミングですが、出汁のしみ込みは意外と浅めでした。

大根は圧力鍋で煮込まれたような食感。

 

お店で食べるおでんと比べると若干の力不足を感じます。

ただ、しつこいようですが保存食なのです。

 

 

そして最後にりんごが決めての生姜焼き。

 

こちらはサバ味噌煮同様化学調味料不使用となるのですが、しっかりとした味付けでおかずとして通用する逸品です。

 

煮崩れてタマネギの食感は残っておりません。

リンゴの風味を特別感じるわけではありませんが、自然な甘みもあり美味しく頂けます。

 

 

これらの3品も全て3年の保存期間があり、災害時にこれだけのレベルの食事が出来るというのは技術の進歩を感じずにはいられません。

 

 

テーブル上にドリンクの一覧もあったので載せておきます。

 

IZAMESHI7年保存水と併せて上記食事メニューを用意しておけば緊急時の備えとしては万全ですね。

 

 

 

という事で今回の訪問となりましたイザメシテーブル。

 

保存食を実際に体験してから購入できる今の世相にあったお店です。

 

がっつり保存食を用意しようと思うと、セットを購入した方が良いのかもしれません。

とはいえセットとなると価格はそれなりに高額になり10000円を越えるので、父の一存で購入に移るわけにはいきません。

 

ひとまず本日は

 

 

こちらのサバ味噌煮のみを購入して家路につきます。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。 

 

IZAMESHI Table(イザメシテーブル)

◆営業時間

11:00~21:00

※日・祝日のみ20時30分まで

 

◆定休日

不明

 

◆店舗URL

https://izameshi.com/

 

◆場所

東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館5階

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク