中華

中国料理 東順永 新宿本店を訪問 一押しの水餃子と共に頂く黒酢豚定食は麻婆豆腐も付いた圧巻のコストパフォーマンス

三が日は明けたものの、まだ町は新春ムードの漂う土曜日。

 

ひとしきり親族各所にも挨拶に回り、あとはダラダラと日常を過ごすのみ。

 

つまり年が変わる前と変化の無い日常が戻ってきたわけです。

 

 

そんなこんなで相変わらず暇を持て余して歩く新宿の街並み。

まだ完全に町は動き出していないようで人の姿もまばら。

 

年末年始に何かと散財し、本日はコスパの高いお店に行こうと歩いておりました。

 

そんなこんなでこの日訪問のお店はこちら

 

 

本格中華料理でお馴染みの東順永 本店となります。

こちらのお店はすぐ近くに、若干メニュー形態の違う支店も営業されているようです

 

 

中華料理のお店特有の、というか。

なかなか店頭がごちゃついていますが、しっかり営業はしておりました。

 

新宿三丁目駅と新宿御苑駅の間のエリアは歌舞伎町や新宿駅近辺とは違い、普段から昼間は人通りも落ち着いたエリア。

立ち並ぶ飲食店も味が確かで価格も控えめな良いお店が多い印象があります。

 

 

普段から人通りはさして多くないエリアですので、お正月ムードの漂うこの日はほぼ人通りがありません。

 

人気の高い東順永 新宿本店と言えどもさすがに暇を持て余しているものと思いますので、訪問してみたいと思います。

 

新宿三丁目駅と新宿御苑駅の間に位置する中華料理の東順永 新宿本店 お正月ムードの漂う閑散とした店内ではあるものの、準備万端で営業中だった。

お店に入ると13時前の一番のピークタイムに関わらずなんと先客はゼロ。

 

 

普段は働く方々によって支えられているのでしょうか。

 

先客無しではあるものの、お店では厨房に二人と接客1名という万全の体制。

聞くとディナーメニューも提供可能とのことで下準備も万全。

 

ひとまずランチメニューから目を通します。

 

 

ワンコインとはいかないまでも、ラーメン各種と半チャーハンがセットで750円。

 

そして定食メニューのご飯・スープはお替り自由という働き盛りの腹ペコお父さんに優しいサービスです。

 

ちなみに店頭には日替わり定食も記載がありましたが

 

 

通常メニューにも記載のある担々麺+半チャーハンが720円。

これは、通常メニューよりも30円安くなるって事なのかな?

 

だとしたら非常に微妙な値引き金額。

 

 

もしかしたら通常メニューの定食には麻婆豆腐が付かなかったりするのかもしれませんが、ここら辺の細かい事を中国人店員の方に質問しても適切な答えが返ってこない事は目に見えていますので黙秘します。

 

台湾ラーメンやよだれ鶏の定食は通常メニューには記載が無く、日替わりだけで頂けるメニューのようです。

 

 

ディナーメニューの方を確認しますと

 

 

麺・ご飯メニューでのお勧めはあんかけ焼きそば。

点心メニューのお勧めは水餃子となります。

 

例えお勧めされていなくとも、

中華関連のお店に来るとどうしても担々麺をオーダーしてしまいそうになる自分を感じます。

 

 

でもちょっと担々麺食べすぎじゃないか…?

 

という自覚がありますので、この日はとりあえず担々麺は候補から除外したいと思います。

 

 

他のメニューにも目を通していきますが、前菜も基本安い。

 

中華料理のお店には珍しくワンコイン以下のメニューも豊富に取り揃えられております。

 

 

こちらのお店は上海料理っぽいものだったり四川料理っぽいものだったりが混在しており、ストライクゾーン広めの布陣。

 

辛い物が苦手な方にも対応できるので、飲み会等に利用する際には便が良いのではないかと思います。

 

 

おつまみメニューの続き。

 

日替わりランチの定食メニューに付いてくる麻婆豆腐がおすすめとして記載があります。

 

 

鍋メニューも980円からとリーズナブル。

 

しかしこのサイズ感のテーブルで鍋なんか頼んじゃったら他の料理は厳しくなるだろうなぁ…。

 

 

お酒メニューはこちら。

一通りは揃えているようです。

 

 

という事で全て見てきましたが、お勧めの品はやはり食べてみたいという思いから水餃子は確定とします。

 

あとはご飯メニュー。

担々麺を避けるとすると、やはり同じく東順永 新宿本店のおすすめとなるあんかけやきそば。

 

としても良いのですが、2品ともおすすめを頂くのも安易な気もするなぁ。

 

さらにレギュラー定食メニューには麻婆豆腐が付いていない可能性もあるのです。

 

 

という事を踏まえ、さらに本日のそもそものプランは「リーズナブルに頂く」である事から

 

・水餃子

・黒酢豚定食+麻婆豆腐(日変わり定食)

 

という事にさせて頂きました。

 

 

東順永 新宿本店にて頂く黒酢豚定食+麻婆豆腐。さらにおすすめの水餃子を頂いたところ、低価格に関わらず本格的な薬膳中華と言うべきものだった。

待つ事5分ほど。

 

提供を待つ間に一人後客は入りましたが、その方をいれてもお客は計2名。

さすがに提供が早いです。

 

 

こちらが日替わりとなる黒酢豚定食。

 

まずはスープから頂きました。

 

 

優しい味つけで、定食の合間に頂くにはベストな味付け。

 

淡泊ながらも、それ故に日常的に頂ける日替わり定食の為に作られたようなスープです。

 

 

続いてメインとなる黒酢豚を頂いてみます。

 

 

表面には黒酢がねっとりと絡みつき、特有のコクと風味を強く感じます。

 

ちなみに黒酢は代謝のアップと腸内環境の改善に効果があると言われており、年末年始の暴飲暴食により更に体重への危機感の増した僕には嬉しい調味料。

しかしなかなか個性強めで頂きにくいのですが、東順永 新宿本店の黒酢は酸味はそこまで強く無く頂きやすい味わいとなっています。

 

豚肉表面はカリっと揚がっており、黒酢独特の風味が去った後は豚の風味・旨味が口の中を占める事となります。

 

 

しかし東順永 新宿本店の黒酢豚はなかなかの量があり、普通に食べると配分的に否応なくご飯をお替りする事になるでしょう。

小食な方にはちょっと多いくらいの分量かと思われます。

 

ピーマン・ニンジン・タマネギと言った具材も食感と風味が損なわれる事なく仕上げられており、酢豚の合間に頂く事でさっぱりと食べ進められました。

 

 

そしてこちらの麻婆豆腐。

 

こちらはしっかりと香辛料が効いており香りの良い麻婆豆腐です。

豆腐はフワフワに仕上がっており

 

 

辛味はそこまで強くありませんが、グイグイご飯の進む逸品。

 

強めにスパイスを感じるこちらは薬膳中華と言って良いのではないでしょうか。

こちらの麻婆豆腐も美味しかったので、出来ればもう少し大皿で食べたかったと思ったのでした。

 

 

そしてここで遅れて登場の水餃子。

 

モッチリとした皮の印象的で、下味も付いており十分にそのままで頂けます。

 

肉汁は控えめですが餡は肉多めでギュッと詰まっており、肉の食感を多少感じます。

 

 

テーブルには酢・醤油・塩・胡椒・ラー油と言った一般的なものが揃えられております。

 

このラー油が自家製っぽかったので使ってみたのですが

 

 

この食べるラー油的なものがなかなか秀逸。

香辛料が存分に使われており、辛いという訳ではないのですがかなり風味豊かになります。

 

一時期流行ったようなおかずラー油ではなくご飯にかけて美味しく頂けるようなものではないのですが、かけるだけで本格的な味わいになりました。

 

 

 

 

という事でこの日訪問となりました東順永 新宿本店。

 

お会計はペイペイで行ったのですが、支払った金額は1250円。

 

あれ?

 

・水餃子:480円

・日替わり定食:720円

 

併せて1200円となるはずが、これはいかに。

と思ったのですが、これは家に帰ってから気づきました。

 

察するに、ディナーメニューは税別表記、ランチは税込み表記なのではないかと思います。

 

 

なんにせよ味は良く、価格的にも安かったのでまた機会を見つけて訪問したいと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

東順永 新宿本店(とうじゅんえいほんてん)

◆営業時間

ランチ 11:00~15:00
ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)

 

◆定休日

無し

 

◆場所

東京都新宿区新宿5-10-10

 


 

Pocket

   中華   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


サイト内を検索
カテゴリー
お腹が減っているならこちらもチェック!
最近食べたお店
人気の記事