ラーメン

新宿西口のらぁめん ほりうちにて納豆ざるらぁめん 納豆と卵の織り成すフワトロ食感

この日は以前から気になっていたらぁめん ほりうちを訪問。

 

 

場所は新宿西口。

 

ここら辺は様々なラーメンの人気店が乱立している激戦区です。

 

 

らぁめん ほりうちはすぐ近くにあるらぁめん 満来の系列店。

公式ホームページによると、らぁめん 満来創業者の片腕として働き続けてきた堀内店主が満来の新宿移転を機に暖簾分けして始めたお店との事。

http://ramen-horiuchi.com/history/

 

 

だったらまずはらぁめん 満来に行ってみようかな?

 

と思っていたわけですが、満来の店内を観察すると既に満席の様子。

 

 

先ほど登場のらぁめん ほりうち公式HPによると

 

「寸分違わぬ満来流」

 

との事でしたので、

 

だったらどっちに行っても同じなのかな?

 

と言う思いのもと、ひとまずらぁめん ほりうちを訪問です。

 

 

らぁめん 満来についてはまた後日訪問してみたいと思います。

 

新宿駅から徒歩5分となるらぁめん ほりうちを初訪問。カウンター席のみの店内は常に後客が続く人気店。

訪問は20時ごろ。

 

勉強の為に映画でも観ようかなーと新宿をブラついていたのですが、

結局映画館に行く程にモチベーションが上がりきらなかった結果訪問に至ったらぁめん ほりうち。

 

店内は券売機が設置されております。

 

 

もともと

 

「納豆ざるらぁめん」

 

なるものを頂いてみたく訪問したので、迷う事無く購入。

 

 

こちらのお店は動物系の醤油スープが主体と聞いていたのですが、トッピングにバターがありますね。

 

バターは何に入れるのが正しいんだろう…?

 

 

ちょっと試してみたい気もしましたが、納豆ラーメンというだけで既にちょっと変化球ですのでここは自粛しようと思います。

 

 

しかし

 

らぁめん:800円

納豆らぁめん:870円

ざるらぁめん:850円

 

とくれば

 

「らぁめん+納豆+ざる」である納豆ざるらぁめんは単純な足し算でいくと920円になるはずですが、同商品の価格は1000円。

 

 

まぁ、別に良いんですけども。

 

 

店内はどこに座っても厨房を一望できる作り。

 

納豆ざるらぁめんの食券を提示した時から、なにやら厨房では納豆を一生懸命混ぜて頂いています。

 

らぁめん ほりうちの提供する納豆ざるらぁめんを頂く。ツルモチ食感の麺をくぐらせて頂く納豆卵汁。

待つ事5分強。

お水はセルフサービスで頂きます。

 

「納豆ざるらぁめんお待たせしました!」

 

の掛け声とともに運ばれてきました。

 

 

らぁめん ほりうちが提供する「納豆ざるらぁめん」と対面

 

 

かと思いきや、まずは卵の泡立ちまくったつけ汁が到着。

 

「納豆ざるらぁめんお待たせしました」

の掛け声があったものの、この後しばらく麺のおあずけ状態。

 

さらにレンゲも提供されず、カウンターにも設置してありません。

 

 

レンゲについては他の方の感想を見ると、頼めば貰えるみたいでした、

こちらのお店の接客対応は非常に気持ちの良いものですが、どうやら求めないと与えられないお店のようです。

 

 

それはさておきこちらの納豆卵汁

 

表面からは何が入っているのやら良く分かりませんので、麺を待つ手持無沙汰タイムを利用して箸を差し入れてみましたところ

 

 

なんだか色々出てきました。

卵と納豆が絡みまくっており見た目には分かりずらいですが、頂いてみたところ濃いめの味付けのメンマ。

 

これはなんだか昔ながらのメンマという感じがします。

 

濃いめの味付けとカットの感じにより業務用のものなのかな?と思ったのですが、どうやらお店でしっかり手作りされているようです。

すみません…。

 

 

そんなこんなで遅れて麺も到着

 

 

こちらは普通盛りなのですが、なかなかのボリューム感。

 

そしてざるらぁめんと言うだけあって、麺の上には海苔がトッピングされています。

 

 

まずは少し平べったい麺から頂いてみましたところ

 

 

ツルツルののど越し。

太さはそこまでで無いに関わらず、歯が沈みこむようなモチっと食感。

 

らぁめん ほりうちでは麺へのこだわりが強く、その日の気温や湿度によって麺のゆで加減も調整しているとの事。

 

 

「昭和時代のラーメン」

 

との謡い文句だったのでちょっと意外だったのですが、麺は小麦の風味もしっかり香ります。

 

 

大変美味しい麺なのですが、コシに関してはもう少し強い方が好みではありました。

 

 

そんな麺を卵納豆汁にくぐらせて頂くわけですが

 

 

そもそものど越しの良い麺が、ツルツルからチュルンチュルンにグレードアップ。

 

粘り気のある汁が麺に絡みまくってきます。

 

 

スープに関しては、正直納豆の風味が強すぎて良く分からない状態になってしまいます。

スープ自体を楽しみたい場合は通常のざるの方が良いかもしれませんね。

 

 

卵のフワフワに泡立ったスープで、粘り気はそんなに感じません。

納豆の良いとこ取りみたいな感じです。

 

 

 

らぁめん ほりうちはチャーシューも有名みたいなので、つけ汁の中を探ってみましたところ

 

 

発掘できたのはこちらの控えめなチャーシューが何切れか。

 

少し寂しい気持ちにはなりましたが、チャーシュー自体はワシワシ食感の美味しいものでした。

 

 

さらに食べ進めていくと

 

 

最終的には表面を覆っていた玉子がその姿を隠し、底に見える大量の納豆の影。

 

納豆て沈むので、最終的に残りがちです。

勿体無いのでスープごといただきます。

 

スープ割も言えば貰えるみたいなのですが、そこまで塩気が強いわけではなかったのでそのまま完飲しました。

 

 

 

 

 

という事での初訪問となりましたらぁめん ほりうち。

 

本日訪問の新宿本店以外に、新橋店もあるようです。

 

普通盛りでも麺量がかなり多めで、更につけ汁を完飲したこともありお腹一杯です。

 

こんな事してたらそりゃ太るだろうなぁ…。

 

そろそろジムにでも通いだそうかと検討しながらお店をでたのでした。

 

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

らぁめん ほりうち

◆営業時間

11:00~23:00

 

◆定休日

不定休

 

◆場所

東京都新宿区西新宿1-4-7

 

 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


サイト内を検索
カテゴリー
お腹が減っているならこちらもチェック!
最近食べたお店
人気の記事