吉祥寺の老舗喫茶店 くぐつ草でのブランチカレー ゆったりとした時間の流れる店内にて40年前から変わらないと言われる歴史あるカレーを食べてみた

この日は長女と次女を幼稚園に連れて行きました。

 

長女にまだ帰って欲しくないと言われるがままに幼稚園で遊んでいると

 

蘭子先生、我が家ではにゃんこ先生と呼んでいる笑顔の可愛らしい先生が近寄ってきて長女を諭します。

※特に猫っぽい先生ではありません。「らんこ」と「にゃんこ」の語感が似ているというだけの言葉遊びです。

 

 

「お父さんはもうお仕事に行かないといけないんだから、頑張ってバイバイしよ?」

 

と諭してくれているにゃんこ先生。

 

 

しかし…!

 

 

父は今日も特に仕事らしい仕事は無いのです。

 

仕事に関しては絶賛募集中となりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

そんなこんなで正体不明の後ろめたさを感じつつ幼稚園を後にして、とりあえず仕事してるっぽく台本を読もうと向かった先がこちら。

 

 

吉祥寺の喫茶店カレーの老舗 くぐつ草

 

こちらは人形遣いの方がオープンさせたお店との事。

 

人形遣いって、なんかすごいですね。

 

お店は地下1階に位置し

 

 

地下に降りる階段からして雰囲気を感じさせます。

スポンサードリンク

吉祥寺駅から徒歩4分。くぐつ草店内は隠れ家間満載の異空間!

時刻は10時過ぎ。

 

オープン直後となり、先客はありません。

 

 

老舗には多いですが、こちらのお店も朝から全席喫煙可。

 

隠れ家感満載で味のある内装です。

 

早速メニューを見てみますと

 

 

なんだか可愛らしい木で作られた厚めのメニュー。

 

ファンタジーの小道具で出てきそうな作りです。

 

 

ご飯を食べようと思うと価格はなかなかお高め。

 

僕の社会的地位を考えると若干背伸びしているランチとなります。

 

同じ金額のようなので限定のオムカレーにしようかと思ったのですが、オムカレーはランチ時間帯のみの提供。

ランチは11時から14時までという事で、この日は頂けませんでした。

 

ちなみにランチ帯はドリンクの付くオムカレーセットが1400円での提供。

 

 

今日は特にデザートを頂くつもりはありませんが、こちらは別ページになっておりましたので、現在のお勧めスイーツのようです。

 

喫茶店ですので、もちろんカフェメニューも豊富。

 

夜はバー営業をしているようで

 

 

こちらのメニューもありました。

 

僕もそろそろ40歳が目前となっておりますので、夜はこんなお店でブランデーグラスを揺らしながら台本を覚えるくらいの事をしたいところですが、現実が僕に許すのは大衆酒場のみです。

 

 

この日はせっかくなので

 

・くぐつ草カレーセット

 

をオーダーに至りました。

 

 

セットにはコーヒーまたは紅茶が付きますが、コーヒーはストロングかソフトどちらかを選べます。

 

「フレンチテイストなので、ソフトを頼まれる方が多いです」

 

との事だったので、アドバイスに従いソフトでオーダーです。

老舗喫茶で頂く「くぐつ草カレーセット」吉祥寺の歴史を見守ってきたカレーは流石の味わいだった

まずはセットのホットコーヒーが到着。

食後にコーヒーをサーブしてもらう事ももちろん出来ますが、年が明けて10日が経ってもいまだ幼稚園は11時30分までの午前保育。

 

父にはお迎えの時間が迫っているのです。

 

 

こちらのコーヒー

店員の方からのお勧めでソフトを頼んだはずなのですが、その味わいはがっつりストロング。

 

苦味がグッとくる大人の重みのあるコーヒーです。

 

 

これがフレンチテイストかぁ。

ソフトでこれならストロングだとほとんどエスプレッソだろうなぁ。

 

と思いながら待つ事10分弱

 

 

吉祥寺の老舗喫茶店、くぐつ草が誇る「くぐつ草カレー」が到着。

 

 

「サラダには塩・砂糖をお好みでお使いください」

 

 

とのことでしたが

 

塩は分かるけれども、砂糖?

 

さらにどっちが塩でどっちが砂糖なのだかオシャレな容器からは判断がつかないのです。

 

 

とりあえずそのまま頂いてみたところ、デフォルトでは味付けはほぼレモンだけのようですね。

 

砂糖はちょっと違う気はしましたが、レモン塩で美味しく頂きました。

※穴一つの方が塩でした。

 

 

こちらがサラダとカレーの付け合わせ。

 

ゆで卵の上にはおそらく何かを形どったと思われる人参の飾り切りが乗っていますが、これがなんの形かは分からないのです。

 

付け合わせは左からピクルス・らっきょ・紅ショウガの3種。

 

 

くぐつ草カレーの中にはゴロゴロとポークが入っておりました。

柔らかく煮込まれた脂分の少ない角煮的なポークです。

 

 

しかし、別皿で盛られる場合どう食べるのが正解なのかいつも若干迷います。

 

ご飯皿に全量行くのもなんだかはしたないような気もするし…。

ご飯を一口ごとカレーに浸して食べるのもカレーの中にご飯が入っちゃうのがなんか嫌だし…。

 

 

僕はこういった逡巡の後、いつも少しずつかけて頂くというところに落ち着きます。

 

味わいは欧風カレーのようでいて、スパイスカレーのようでもあり

 

しっかり煮込まれたコクを感じるのですが、スパイスがホールで入っていて、ある時はコリアンダーが弾けて口の中を爽やかにしてくれたり、というかコリアンダー以外はハッキリとは分かりませんでしたが、八角を感じる一口もあったような…。

 

 

ご飯の上にトッピングされたレーズンの甘味もスパイスの一種のようにカレーに働きかけます。

 

ご飯は固めに炊きあげられたジャポニカ米。

 

 

カレーが到着して思いましたが、カレーに合わせるコーヒーはこれくらい強い方が良い気がします。

 

カレーの風味とコーヒーの香りが食べ終わった後にも鼻腔で混ざり合い、心地よい余韻を与えてくれました。

 

 

 

 

という事でこの日訪問を果たした吉祥寺の「くぐつ草」

 

ゆったりとした時間を味わえる落ち着きのある店内。

 

有名店なので土日等はおそらく相当混むのではないかと思われますが、平日の午前中はほぼ人の入りもありませんので自分の時間を楽しむ事が出来ます。

 

ここは打ち合わせ等で利用するにも丁度良さそうなので、覚えておこうと思います。

 

ご馳走様でした。

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

くぐつ草

◆営業時間

10:00~22:00

 

※ランチは11時~14時

 

◆定休日

無し

 

◆お店ホームページ

http://www.kugutsusou.info/

 

◆場所

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-7島田ビル地下1階

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク