つけ麺 一燈 新宿店にて伊勢海老つけめんを食べてみた 昨年11月のオープン以来満席が続いていた同店に満を持しての訪問

この日はようやく訪問したこちらのお店。

 

 

つけ麺一燈 新宿店となります。

 

新小岩に本店を持つ有名店麺屋一燈の姉妹店である「つけ麺一燈 新宿店」

その支店は海外にも展開しており、ローソンで一燈が監修したカップ麺も販売されていました。

 

同じ業態のつけ麺一燈は新小岩にもあったようですが、どうやら昨年末で閉店になったようですね。

期間は多少被りますが、移転という事になるのかな?

 

 

これまでも何度かこちらには足を運んでいるのですが、なんせ並ぶのが嫌いな僕ですので、行列を確認するのみで入店したことは無かったのです。

 

この日お店の前に行ってみると、どうやらようやく落ち着いてきた様子。

 

ということで今さら感もありますが、つけ麺一燈 新宿店を訪問する運びとなりました。

 

スポンサードリンク

新宿駅西口から徒歩5分。新宿に進出したつけ麺 一燈を訪問。お昼過ぎでも店内はほぼ満席だった

 

さすがにオープンから二か月が絶ち、行列は無くなったように見えるつけ麺 一燈 新宿店。

 

ですがお店の中に入ると13時過ぎという時間に関わらずカウンター席はほぼ満席。

唯一のテーブル席も埋まっておりました。

 

さらに何故か先客は100%の比率で男性。

そしておじさん。

 

僕もそんなおじさんの群れの中に混ぜてもらおうと思います。

 

お店の中に入るとまずは食券機が

 

 

メニューはシンプル。

 

・伊勢海老つけめん

・鶏魚介つけめん

・サバカレーつけめん

・鶏魚介ラーメン

 

麺は上記の4種のみです。

あとはトッピングとごはんもの。

 

 

王道のつけ麺店でサバカレーつけめんという変わり種…。

ちょっと気になるような気はしますが、カレーについては普段から散々食べており、なんなら今日の朝も家で奥さんが食べていたカレーを横から3口くらいもらいました。

 

ということでさすがにカレー気分ではないので、通常のつけ麺メニューにしたいと思いますが、左端が一押しになるのであろうという予測のもと伊勢海老つけめんを購入。

1000円を入れたので切りよくする意味も込めて〆のチーズリゾットも購入しました。

 

 

お水はセルフサービスでとってこれる場所は一か所のみですので、席に着く前にいれてきたほうが良いかもしれません。

 

つけ麺 一燈にていただく海老の香り濃厚な「伊勢海老つけめん」

食券を手渡して10分弱でつけ麺が到着。

 

太麺により提供に若干時間がかかりますとカウンター上にも記載があります。

 

 

こちらがつけ麺 一燈でいただいた伊勢海老つけめん。

※この日はカメラの調子が悪く、若干のハレーションをおこしています。

 

提供と同時に

 

「スープ皿は熱くなってますので触らないでください」

 

と笑顔で伝えて頂きましたが

 

「それなら麺を右側に置いてくれた方が食べやすいんだけどなぁ…」

 

と、思いました。

 

 

周りを見渡すと皆さん右側に麺の配置を変えていたので、これは個人的意見ではなくお客さんの総意なのではないかと思います。

 

 

麺はこちら。

 

全粒粉入りで麺の中に粒が見えますが、頂いてみると不思議と小麦の風味は弱かったです。

ツルツルのモチモチで、食感としては楽しい麺なのですが、麺だけで頂けるほどの実力ではありませんでした。

 

 

こちらは低温調理のレアな食感のチャーシュー。

 

完全に好みだと思いますが、個人的にはつけ麺にはホロホロの角煮タイプの方があっているように思います。

 

うーん…。どうなんだろう?

もしかしたら、最近の流行りとしてこのタイプのチャーシューが多いので、若干食べ飽きてきただけなのかもしれません。

 

 

スープには2種のネギが散らされている以外にメンマが中に入っております。

 

こちらのスープに関しては海老の風味がめっちゃ濃厚。

 

口に含むとまずは海老特融の香ばしさが鼻に抜けます。

 

さらにベースとなっているスープのまろやかな旨味が遅れてやってくる。

 

 

最後はカウンター上のスープ割で割って頂きます。

 

割ると海老の風味は隠れてしまって、純粋な美味しい魚介スープとなりますが、最後まで美味しくいただけました。

 

 

そして遅れて提供のこちら

 

 

〆のチーズリゾット。

 

リゾットという名称から、残ったスープにご飯を入れて仕上げてくれるのだろうと想像していたのですが、出てきたのはチャーシュー・ネギ・チーズの炙り丼。

 

これはリゾット…なのか?

 

 

そんなに炙られているわけでもなく、チーズはその原型を留めています。

 

こちらは数量限定と記載がありました。

味付けはチーズのみのご飯ものでしたが、価格は100円とお手頃。

 

チャーシューもコロコロ乗ってるし、100円なら良いかなぁ。

と思ったのでした。

 

 

 

ということで初訪問となりましたつけ麺 一燈 新宿店。

 

何度か訪問出来なかった過去もあり、自分の中の期待値が上がりすぎてしまっていたのかもしれません。

若干の肩すかし感を感じる結果となりました。

 

またしばらくしたらオペレーションも変わっているかもしれないので、ちょっと期間を空けて気にしてみようと思います。

 

ご馳走様でした。

 

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

つけ麺 一燈 新宿店

◆営業時間

11:00~15:00
17:00~22:30(L.O.22:00)

 

◆定休日

日曜日

 

◆場所

東京都新宿区西新宿7-9-13

 


 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク