2020年新宿駅近くで恵方巻を調査した結果のまとめ

恵方巻って僕が上京してきたころはまだ関東ではあまり浸透していなかった気がするのですが、今となってはすっかりおなじみの文化になっています。

 

関西圏出身の僕は少年の頃から節分時の恵方巻文化が好きでした。

恵方を向いて家族揃って無言で各自一本の恵方巻をむせそうになりながら平らげるという謎の時間が子供心にワクワクしたものです。

 

 

※余談ですが、地元の福井には新築を祝って家の2階から餅を撒くという謎の文化もあり、こちらも恵方巻同様ワクワクを与えてくれたのですが、残念ながら餅撒きはまだ関東圏には定着していないようです…。

 

 

そんな僕のワクワクを自分の子供達にも与えたいと思ったのです。

 

最近はどのコンビニでも取り扱いしており当日でも手軽に買う事は出来ますが、やはりせっかくなら気合いの入った恵方巻が食べたい。

 

という事で2020年、新宿駅近辺のデパ地下を回って今年の恵方巻戦線をチェックしてきました。

 

スポンサードリンク

新宿伊勢丹

高級デパートというイメージの強い新宿伊勢丹。

 

地下には食品売り場が広がっており、相当充実しているであろうと思われます。

 

胸を躍らせて行ってきたわけですが

 

 

新宿伊勢丹に置いてあったチラシの恵方巻関連の記載はたったこれだけ。

 

え?恵方巻ってもっと盛り上がってるんじゃないの?

 

 

と初っ端から出鼻をくじかれたわけですが、QRコードの記載があったのでそちらも覗いてみます。

 

https://isetan.mistore.jp/onlinestore/foods/setsubun/index.html?rid=7451fb8b91bd4806b20234a53d8e7730

 

⇒こちらがQRコードから読み取れるURLとなるのですが

 

 

…。

 

 

めっちゃある。

 

 

どうやら店頭での販売は上記の「東信水産」「魚勢」の2店舗のみ。

それ以外はネット予約しておくと2/3当日特設ブースにて受け取りが出来るようです。

 

以前恵方巻熱が高くなりすぎて大量廃棄が出るという悲しい出来事が起きた事で、2020年は事前の予約制度が一般的になっているようですね。

 

 

いくつか気になるものもありました。

 

定番をはじめ変わり種の恵方巻きも数多く取り揃えられており、食べた事無い感じのものはやはり興味をそそられます。

 

 

上から

 

【点天】  恵方巻餃子 249円

【RF-1】 トルティーヤのサラダ恵方巻 972円

【まつおか】エビフライ恵方巻 1188円

【東信水産】特選海鮮十二単巻 12960円(!?)

 

いずれもいろんな意味で変わり種になるかと思いますが、恵方巻餃子についてはもはや春巻きなんじゃなかろうか?

 

 

ちなみに他のデパートにも出店している「有職」ですが、こちらの伊勢丹新宿店と日本橋三越本店のみで活車エビを使用した

 

・節分上巻 極み 2160円

 

を販売しているとの事。

 

 

なんにしろ予約期間は1/28までとなり、もはや期限がせまりつつあります。

 

タカシマヤタイムズスクエア

伊勢丹を出て、さらに東南口の方のタカシマヤタイムズスクエアにも行ってきました。

 

こちらは住所は渋谷ではあるものの、新宿駅直結。

 

その地下にはこちらも食料品売り場が広がっており、僕の求めていた恵方巻の専用のチラシも設置されていました。

 

 

紙の質感に若干の心元無さを感じはするものの、一覧で記載されており大変分かりやすくなっております。

 

 

ハーフしかありませんが、恵方巻といえば量の多さから飲み込みに多少苦しい思いをしつつ食べるのが好きなのです。

個人的な思いなので理解が得られない事は重々承知しているのですが、どんなにボリュームが増そうとも今年も一本丸々で行きたいと思います。

 

店頭注文は2/2まで受け付けてくれるようです。

 

 

しかしこうしてみると、先ほどの伊勢丹と被るお店も多々あります。

 

伊勢丹の方では1本丸々でも1000円を切る恵方巻も数多くありましたが、こちらは全て1000円オーバー。

 

かと思いきや

 

お店のホームページを見てみると、1000円を切るものも多数あったので一部ご紹介します。

おそらく上のチラシに掲載のあるものは節分時の特別メニューかと思われます。

 

中谷本舗 ゐざさ

こちらはそもそも柿の葉寿司のお店。

 

お米にかなりこだわって炊き上げているようです。

 

 

こちらはお店のホームページにのっていた恵方巻。

 

一般的な具材にはなりますが、写真で見る限りギュッと詰まっており美味しそうです。

 

こちらの写真のものが基本的なもので価格は626円。

これ以外に上巻き・特上巻きと3種類あり、特上巻きでもその価格は896円とリーズナブルに購入が可能。

 

逆にお店のホームページには先述のチラシの寿巻の記載はありませんでした。

 

 

予約は1/31までと記載がありましたが、2/3当日は店頭で予約無し販売もするようです。

 

 

「中谷本舗 ゐざさ」ホームページ

https://www.izasa.co.jp/product/spring00.html

 

すきやばし次郎

こちらは予約の取れない銀座の超有名店。

オバマ大統領来日の際に会食をされたお店としても知られています。

 

電話予約も受け付けていないので、本店にはもはや来店する方法がありません。

 

支店は日本橋と豊洲にあり、そちらは予約も可能なようですが、なんにしてもミシュランで5年連続三つ星を獲得している世界的な超有名店。

 

 

ハーフサイズであるとはいえそんなお店の恵方巻を頂けるわけですが、なんと新宿店は既に取り扱い終了。

 

東京では現時点で唯一立川店のみでの引き渡しとなるようです。

 

ちなみに同じく銀座の有名店「久兵衛」も、チラシに記載の恵方巻は取り扱い終了となっていました。

 

なだ万厨房

こちらはいくつかの百貨店に出店しており、他のチラシ等でも目にしたお店です。

 

 

こちらはチラシにも記載のあった

 

・こうふく恵方巻 1404円

 

となります。

 

チラシには一本と記載がありましたが、予約ページを見てみるとハーフサイズ2本セットで1404円との事。

 

 

それだと、、、話が違ってくるんだよなぁー…。

 

ちなみにこちらのなだ万は伊勢丹の方でもWEB予約をしており、伊勢丹だと1本丸々で買えるようです。

 

新宿京王百貨店

タイムズスクエアを出た後は、さらに西口の京王百貨店へ。

 

僕の地元である福井の実家は日本茶販売のお店を営業しており、何を隠そうこちらの京王百貨店には福井物産展の手伝いで幼少期から何度か来ているのです。

 

という事で他の百貨店に比べて強い思いを持っている京王百貨店。

 

地下は京王線と直で繋がっております。

 

 

まずは受付カウンターで恵方巻のチラシは無いかと確認してみたところ。

 

「来月の予定は決まっていません」

 

との事。

 

 

まさかの恵方巻戦線を「来月の予定」扱い。

 

他のデパートが今月一杯で予約を閉め切ろうとしている時に、なんだかのんびりしているなぁと思ったのでした。

 

 

とりあえず受付カウンターにて

 

「恵方巻を販売しそうなお店はありますか?」

 

と食い下がってみたところ、一店教えて頂きましたのがこちらです。

 

 

タイムズスクエアのチラシでも見かけた「古市庵」

 

やまのように海苔巻きが積み上げられており、一手に京王百貨店の恵方巻の未来を背負っておりました。

 

名物のうず潮巻き以外に一般的な恵方巻も取り扱っているようです。

 

 

常時これだけストックしてあれば、おそらくは当日でも購入可能と思われます。

 

小田急百貨店新宿店

最後に足を運んだのは小田急百貨店。

 

イベントごとはこちらの小田急百貨店が一番力を入れているとイメージがあります。

 

期待を寄せて地下に降りてみたところ、案の定

 

 

デカデカとポスターが張られておりました。

 

予約期間はお店によって違うようです。

 

気合の入ったチラシもありましたので、細かく見ていきたいと思います。

 

 

お店としてはやはり他のデパートと被る部分も多いです。

 

葵寿司の海鮮恵方巻はウニ・イクラ・マグロ等も入ってお値段も1400円とお手頃。

一応数量限定品となりますが、その限定数は500本ですので、まぁそこまで急がなくても良いんじゃないでしょうか?

 

伊勢丹にもあった東信水産の金箔で巻かれたバエる感じの恵方巻は、中の具材が変わってお値段も6800円に。

予約は出来ずに当日限定10本となります。

 

流石に恵方巻に6000円は使えませんが、これだけ恵方巻を見てくると、

懐石料理 青山の3500円の恵方巻くらいは買っても良いんじゃないか?という気分になってきました。

 

 

こちらは肉系の恵方巻。

 

利久の牛タン恵方巻594円。

これなら勝手に買って帰っても奥さんも納得のお値段です。

 

でも…

 

山形牛のステーキ巻きとか、松坂牛リブロースの恵方巻とか、美味しそうだなぁー。。

 

恵方巻といえば海鮮系が普通だと思いますが、やはり肉系についつい惹かれてしまう僕です。

 

 

さらに裏面はこちら。

 

やはり被るお店は多数あります。

 

「おむすび処 稲穂」の恵方巻は酢飯を使っていないとの事。

 

酢飯を食べた事の無い下の娘にとっては、こちらの方が良いかもしれません。

 

 

裏面の下は変わり種。

 

舞台の地方公演だったり時代劇の撮影だったりで年に数回は関西方向の新幹線に乗っていますが、僕は必ず新幹線車中では崎陽軒のシュウマイ弁当をつまみにビールを飲んでいます。

 

そんな新幹線に乗る時だけのお楽しみである「崎陽軒」が恵方巻に!

 

他にもそれはもはや恵方巻と呼んで良いのか?

と問いたくなる品々が。

 

 

まとめ

という事でデパートをめぐってきたわけですが、恵方巻に対する力の入れっぷりは小田急百貨店に軍配があがりそうです。

 

今日の調査結果をもとに家族話し合いの元、2/3をワクワクした気持ちで待とうと思います。

 

ちなみにチラシにも散々記載はありますが、今年の恵方は西南西。

 

新宿駅を起点に考えると初台に行く方ですね。

 

丁度近いうちに新国立劇場でのオーディションがあるので、西南西に願いを込めつつ恵方巻にかぶりつきたいと思います。

 

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいた情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク