1/29にプレオープンとなった酒とカレー 百人町スプーンを訪問!あいがけならぬ愛がけ?となる銀匙セットを頂いた

FISHにてカツカレーを大盛りで頂いて完全に満腹になった翌日。

この日は珍しく12時前から動き出していました。

 

前日のプレオープン初日には14時ごろには既に売り切れていた「百人町スプーン」ですが、さすがにこのお昼時に行って売り切れとは言わせないのです。

 

 

お店の入っている雑居ビルに着きました。

このビルは内部構造がややこしく、前日に来た時には若干迷いもしましたが、それであればこそ既に下調べも万全。

 

百人町スプーンまでの道程は完全に頭に入っています。

 

 

お店はビルの二階。

このビル自体どこが2階でどこが一階なんだか分かりにくい作りなのですが、とにかく上に上がっていくと

 

 

酒とカレー 百人町スプーン

の看板が見えました。

 

このビル自体なんか気になるお店がいくつか入っておりますので、また別の機会に他のお店にも行ってみようと思います。

 

しかし今日の目的は朝起きた時からブレずにこちらの百人町スプーン。

何故そんなに熱量を傾けているのか自分でもよく分かりませんが、どうやらあの店長のファンになりつつあるようです。

 

 

看板を右に入るとお店の入り口が。

 

前日に売り切れになっていたとの事なので混雑による待ちも覚悟していましたが、訪問の二日目のプレオープンではそんなに込み合ってはいませんでした。

 

スポンサードリンク

大久保駅から約1分。プレオープンとなる百人町スプーンを満を持しての訪問!

店内に入ると、当たり前ではありますが、お店らしいお店です。

ビーチパラソル?的なものも設置してあり不思議と漂う南国っぽい開放感。

 

いや、この南国感はOPENにあたって寄せられたお花から勝手に感じているだけかもしれません。

 

 

ちなみに前回の?訪問の時の様子はこちら

 

新宿ゴールデン街にて間借りカレーのお店RHiME(ライム)に初訪問 カレーへの深い愛を持つ店長さんが作ってくれた激ウマカレー3種がけ

お店の場所はまったく違いますが、前回はゴールデン街の行列店エピタフカレーのすぐそば。

さらに今回は超有名店スパイシーカリー蘆花のすぐそばでお店を構えたこちらの百人町スプーン。

 

 

「蘆花の行列を待っている間に百人町スプーンで一杯」

 

 

そんな「軽く一杯」的な感じでカレーを食べに来る方は少ないと思いますが、有名店の近くでの開業ってお店の売り上げには特に影響無いもんなんでしょうか?

 

ちなみに店長本人は

 

「美味しいカレーのお店が近くに一杯あるから嬉しい」

 

と仰っていました。

 

どんだけカレーが好きなのか…。

 

 

そんな百人町スプーンのメニューを見てみますが、残念ながら撮った写真は思いっきりブレていたので書き起こしておきます。

 

百人町スプーン 
プレオープンメニュー

 

・あいがけカレー:::1000円

ポークカレーと大根とひよこ豆のキーマカレーあいがけ

 

・あいがけチーなま:::1200円

あいがけカレーにチェダーチーズと生卵トッピングをしてバーナーで炙ります

・百人町セット:::1300円

あいがけチーなま+お好きなソフトドリンク

・銀匙セット:::1500円

百人町セット+アチャール+副菜

~単品~

・RiHMEポークカレー:::800円

・大根とひよこ豆のキーマ:::900円

~トッピング~

・ライス大盛:::100円

・炙りチェダーチーズ:::200円

・生卵:::50円

・チーなま:::250円

・アチャール:::100円

 

 

カレーメニューはこんな感じ。

大体合ってると思うのですが、撮った写真のブレがひどく、値段に違いがあったらすみません。

 

 

当然のように注文は銀匙セットとなるのですが、セットとなるドリンクも選ばねばなりません。

 

<セットドリンク>

オレンジ/グレープフルーツ/ジンジャエール/コーラ/烏龍茶

<アルコール>

ランチビール:::500円

百人町レモンサワー:::500円

ゴッドファーザー(インド):::800円

ブルームーン(アメリカ):::800円

本日のクラフトビール:::800円

 

僕はコーヒーの香りとカレーの香りが体の中で混ざり合う感じが好きなのですが、残念ながらコーヒーはセットになっていませんでした。

 

少しでもカロリーの摂取を抑える為、烏龍茶を選びます。

 

百人町スプーンにて頂く銀匙セット カレー愛の詰められた一皿に舌鼓。

注文後拝見していると、プレオープン二日目という事もあり店長にはなかなか余裕が無さそうです。

 

そんな中女性店員の方からまずは烏龍茶が提供されました。

 

 

後ろに写りこんでいる「酒とカレー 百人町スプーン」の記載があるオリジナルライターはロゴをデザインされた方から大量に貰ったそうで、この後僕もお土産にもらいました。

 

ザラザラした手触りのちょっと可愛いライターです。

 

 

ファンになりつつある僕としては店長に話しかけたい気持ちはあるものの、邪魔をしては悪いのでじっと待ちます。

 

そしてなんだんだ言っても5分程というスピードで提供されたのがこちら。

 

 

「酒とカレー 百人町スプーン」にて頂く銀匙セットとなります。

 

「熱いので触らないでください」

 

との注意と共に提供されました。

 

 

一番上にはタマネギが乗っていたはずなのですが、ちょっと見切れちゃっていますね。

クロスされたオクラがトレードマークのカレーです。

 

 

なんかこの人のカレーの半分は、カレーへの愛によって出来ていると思うのです。

カレー界のバファリン的な?

 

そんな愛がけカレーはもちろん美味しいわけで、その美味しさをどうこう言うのはなんだか野暮なような気がします。

 

 

とはいえまずはキーマカレーからいただきます。

 

 

軽い酸味と爽やかな香りのキーマカレー。

 

一般的にキーマカレーとして提供されるカレーに比較すると大分水分量が多く感じます。

調べてみると、ひき肉を使ってればキーマカレーと言うみたいですね。

 

ゴリゴリスパイスが主張してくるわけでもなく食べやすい。

 

 

こちらはチーなまをトッピングされたポークカレー。

 

以前頂いた時よりも分量が多いのか、ガッツリチーズのコクが伝わります。

 

もちろん美味しいのですが、次回はポークカレーそのものの味が分かりやすいようにチーなま無しでも食べてみたいと思いました。

 

 

そしてこちらの副菜。

 

僕の中で何をもってアチャールなのか、何をもってサブジなのかの定義がいまいち明確でないのです。

こちらの副菜を何と言えば良いのか分からないのですが、とにかくコリンコリンの歯ごたえでした。

 

なんの肉なのか聞こうと思っていたのですが、忘れてお店を後にしてしまいました。

 

砂肝?なのかな?

何かしらホルモン的な部位と思われます。

 

 

 

そんなこんなでの訪問となったプレオープンの「酒とカレー 百人町スプーン」

 

本格的なランチスタートは2/5からだそうです。

 

 

夜はお酒メインのバー営業になるようで、夜にもカレーを提供できるかどうかは店長の体力次第との事でした。

 

友人からも行きたいという要望があったので、また通常営業がスタートしたら訪問したいと思います。

 

 

ご馳走様でした。

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。 

 

酒とカレー 百人町スプーン

◆営業時間

ランチ:11時30分~15時

バー:18時~

 

◆定休日

月曜日、火曜日

 

※今のところ火曜日のバー営業はする予定のようです

 

◆場所

東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザ2階H号室

※建物内に入ってからがなかなか分かりにくいのでお気をつけください。


 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク