曙橋と四谷三丁目の中間に1月オープンの新店「中華そば ひらくら」を訪問 ラーメンを愛する店主が目指す「毎日でも食べたい」シンプル中華そばをいただいた

この日は四谷での演技トレーニングの日

 

散歩を兼ねて新宿から歩いて向かう訳ですが、その日の気分で右に行ったり左に行ったりしながら1時間くらいかけて歩いています。

 

と書くと

 

暇なやつだなぁ

 

と思われるかもしれません。

 

 

そうです。

まさしく僕は日々暇なのです。

 

 

次回出演作の時代背景を考証するための参考文献を読んだり、単純に台本を読んだり、参考資料としての映画を観たり。

 

やる事が全くないわけでは無いですが、一日中やってると疲れるので気晴らしとしての散歩、というか食べ歩きなのです。

 

 

新宿から四谷まではほぼ一本道なのですが、そんなこんなでこの日はいつのまにか曙橋の方に来ていました。

 

そこから四谷三丁目の方に歩いていると

 

 

中華そば ひらくらの看板が

 

 

あれ?

 

こちらはつい最近まで灯花グループの貝出汁ラーメン「SALT AIR」だったと思うのですが、同じラーメン店ながらお店が代わっています。

 

 

調べてみると、SALT AIRの店長をしてらっしゃった方が、独立して同じ場所で店を引き継いで開業したとの事。

オープンは先月の初め頃のようです。

 

灯花グループのお店は鯛塩ラーメンをはじめ何店舗か伺いましたが、SALT AIRについては訪問をする事の無いままお店が無くなってしまいました。。。

 

 

残念に思う気持ちもありつつ、丁度夕方のオープン時間に店の前を通りかかったのも何かと縁かと思いますので、この日はトレーニング前の腹ごしらえとしてこちらの「中華そば ひらくら」への訪問を決めたのでした。

 

スポンサードリンク

曙橋駅から徒歩5分、先月オープンの新店中華そば ひらくらを訪問

この日はたまたまお店の前を17時という夜の営業が始まる時間に通りかかったわけですが、準備が間に合わなかったようで微妙に待ちました。

 

まずは食券機にて購入するわけですが

 

 

食券機は非常にシンプル。

 

今後は限定麺なども出たりするのかもしれませんが、今のところは中華そばまたは味噌ラーメンのみ。

 

最近味噌ラーメンの魅力を再確認するお店に出会ってプチ味噌ラーメンブームが起こっている僕ですが、お店の方にお勧めを聞いてみたところ

 

「中華そばです」

 

と即答。

 

お勧めを聞いておいて味噌ラーメンを購入するほど心は強くありませんので、ここは大人しく中華そばの食券を購入しました。

 

 

店内は非常に狭く、カウンター5席のみ。

 

椅子を引いて座ると後ろの引き戸に背中がぶつかる程です。

 

オープン直後なので先客等もありませんが、後客は18時前から続々と続きました。

 

 

灯花グループの一店を任されていた方の独立店とあって、オープン直後から注目されているようですね。

 

老若男女に愛されるラーメン作りを目指すひらくらにて、これぞ中華そば!というべきシンプルな中華そばを頂いた

待つ事5分程度。

 

 

こちらが中華ぞば ひらくらの看板ラーメン

 

見た目は非常にシンプル。

ラーメンそのもののみならず、丼も含めて昔ながらの中華そば。

 

これこそ「ラーメン」ではなく「中華そば」というべきビジュアルです。

 

 

まずはスープから頂いてみたいと思います。

 

 

煮干しの風味を前面に感じ、その後に豚の旨味が残るスープ。

 

懐かしい中華そばと言った感じで、真新しいものではありませんが、昔食べていた中華そばに比べると大分丁寧な印象を受けました。

 

雰囲気としてはお蕎麦屋さんがやっている中華そばに近いですが、表面を覆う油の量が意外と多かったです。

 

 

麺は中太のちぢれ麺。

 

他の方のレビューを見ると「丸山製麺」製の麺との事ですが、僕は不勉強で今まで製麺所を突き詰めて気にしたことがありません。

 

でも製麺所にも詳しくなるとより食べ歩きも楽しくなるかもしれませんね。

 

なんにしても麺も美味しかったです。

 

ちなみに卓上調味料はコショウと一味のみ。

 

 

カウンター上には中華そば ひらくら店長から、ラーメンへの熱い思いを綴ったお手紙も。

 

このラーメンは僕の奥さんが好きなタイプのラーメンでしたので、そのうち食べさせてあげようと思います。

 

尖った感じはまったくないので、強いファンを作るようなラーメンでは無いのかもしれませんが、逆にこのラーメンを美味しくないという人はなかなかいないでしょう。

 

先日訪問した「児ノ木」とはまったく方向性の違うラーメン店が四谷界隈に誕生したのでした。

 

 

ただ、こちらのチャーシュー

 

 

こちらのチャーシューも、今全盛の低温調理のレアチャーシューではなく、昔ながらのワシワシ食感。

 

しっかり豚を感じる事の出来る美味しいチャーシューなのですが、ちょっと僕には脂身が多く感じました。

 

 

 

という事でこの日訪問となった「中華そば ひらくら」

 

新宿駅からはそれなりに距離があるので

 

「毎日でも行きたい!!」

 

とは思いませんが、近くにあったらたまに行っちゃう感じの美味しいお店でした。

 

こういうお店がある事で、安心してラーメン業界も新たな挑戦を続けられるのでしょう。

 

ご馳走様でした。

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

中華そば ひらくら

◆営業時間

ランチ:11:00~15:30
ディナー:17:00~22:00

 

※火曜日はランチ営業のみ

 

◆定休日

水曜日

 

◆場所

東京都新宿区荒木町8-3

 


 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク