2/22猫の日は異彩を放つ定食屋「ねこ膳」にてねこまつりに参加 花園神社すぐそばの立地にて24時間営業中!満席の店内で頂くしょうが焼き&エビフライ

3歳と2歳の娘がいる近藤家。

 

 

そんな我が家で今一番流行の遊びといえば鬼ごっこ。

 

そして鬼ごっこの中でも「猫とネズミ」というロールプレイが主流です。

 

 

本来の猫とネズミはラインを引いたり細かいルールがあるようなのですが、まだようやく幼稚園に入ったばかりの娘には細かいルールは把握できず、単純に猫役がネズミ役を追いかけるのみの鬼ごっこ。

 

猫になる事が楽しいらしく、ニャーニャー言いながらネズミである父を追いかけてきます。

可愛らしい猫娘に追いかけられる毎日。

 

ちなみに以前は本物の猫4匹と生活を共にしていた事もあります。

 

 

そんなわけで、猫には一方ならぬ思いを持っている僕です。

 

 

そして迎えた2/22

ニャンニャンニャンで猫の日として知られています。

 

最近はデパート等でも猫の日特集が組まれる程に浸透してきた猫の日。

 

 

そんな猫の日に、新宿きっての猫の日に相応しいお店でランチをしてきました。

 

 

それがこちらのねこ膳。

正式な名前は「飲食笑商何屋ねこ膳(いんしょくしょうしょうなにやねこぜん)」

 

と言うみたいですが、長いのでねこ膳と呼ばせて頂きます。

 

 

お店の前に行ってみると、予想通り猫の日という事でサービスがあるようです。

 

こちらのねこ膳は定食屋としてだけではなく24時間営業中の居酒屋としても機能しており、土曜日という事もあってお店の中はかなり混雑していました。

 

ウカウカしていると一杯になりそうだったので、早速訪問したいと思います。

 

スポンサードリンク

新宿三丁目駅から徒歩1分、花園神社のすぐ横の定食居酒屋ねこ膳を訪問。ピークをずらしたつもりが無茶苦茶込み合う店内。

お店に入ると、テーブル席は完全に埋まっています。

 

さらにカウンター席もほぼ埋まっており

 

「ちょっとお待ち頂きます」

 

と告げられたものの、運良くカウンター席に空きが出来、待たずに入店する事が出来ました。

 

 

先述の猫の日サービスはこちら

 

 

17時~はにゃんこ価格の25円で一品ものが提供。

 

猫の日だから混んでるだろうな…、と思いピークをずらして16時ごろ訪問したわけですが、どうせならもう少し待てば良かった。

 

まぁとはいえからあげと生卵が付いてきますので、そちらで満足したいと思います。

 

 

ねこ膳定食メニュー。

 

11時~15時のランチ帯はサービスタイムという事でご飯の増量が無料。

 

しょうが焼きに惹かれる部分がありますが、お店としてはどうやら揚げ物がお勧めのようです。

 

 

メニューのラインナップはかなり豊富。

 

「今日ちょっと何食べれば良いか分からない…」

 

という時にでもこのメニューを前にするだけで、おのずと答えは見えてくるものと思われます。

 

 

裏面はカレーメニューと定食にチョイ足しの一品もの。

オススメメニューはバックカラーを黄色くしているようです。

 

うーん…、でもなぁ、コロッケかぁ…。

 

感動的にウマいコロッケとの出会いはいまいち想像しずらく、なんとなくそそられませんでした。

 

 

こちらは飲み用のメニューですが、ほぼ同じですね。

 

グラタンもラインナップしており、その味はカレー風味との事。

 

カレーを愛する者の一人としてこれも気になります。

 

 

こちらはドリンクとスピードメニュー。

 

定食屋さんと考えると激安というわけでは無いですが、おつまみとして細かく注文が可能。

 

いや、定食屋さんとして考えてもこの新宿の一等地という事を考えると安いのかなぁ?

 

 

色々とみてきましたが、やはりファーストインプレッションを大事にしょうが焼きを選択。

 

メニューとしては

 

・エビフライしょうが焼き定食

 

という事になりました。

 

ねこ膳にて頂くエビフライしょうが焼き定食。猫の日サービスのから揚げも付いてボリューミーな一皿に仕上がった

待つ事10分弱。

 

その間も来訪者は続き、既にお店の中に待ち客が出来ています。

 

いかに猫の日とは言っても、時刻は16時過ぎ。

定食屋さんとしては珍しい光景です。

 

そんな中配膳されたのがこちら

 

 

ねこ膳で頂くエビフライしょうが焼き定食となります。

 

エビフライについては出て来た最初の印象として

 

「サイズが小さい…」

 

と思いましたが、値段を考えるとこれくらいが適正なのかなぁ?

 

 

猫の日に限ってはからあげが付いてくる事もあり、なかなかボリューミーな一皿。

 

何故かお弁当や定食にマストで付いてくるナポリタンもしっかりポジションを取っています。

 

 

こういったナポリタンは作り置きが基本ですので、カラカラだったりひどい場合はひんやり冷たかったりしますが、ねこ膳のナポリタンはちゃんとしっとり感を保っており

 

ウマい!

 

とは言いませんが、付け合わせとしては美味しく頂けるレベルでした。

 

 

味噌は赤だし。

具は揚げとワカメとちょっとしたネギです。

 

かなり長時間煮込まれているものと見えてワカメはドロドロに近い食感。

揚げはガッツリ味が染みておりました。

 

 

カウンター上には思いつく限りの調味料が設置してあり、自分でのカスタマイズが可能。

 

とりあえず設置してあるドレッシングをかけてキャベツの千切りを頂きます。

 

そして、最初から今日の僕が出会いを求めていたしょうが焼き。

 

 

こちらはご飯にONした状態です。

 

大きめの豚スライスが2枚入っておりました。

 

味は居酒屋メニューだけあって結構濃いめ。

その数は2枚のみとはいえグイグイご飯を消費する破壊力です。

 

 

写真は撮り忘れましたが、カウンター中央付近にはマヨネーズが置いてあり、こちらをかける事で味の濃さは少しマイルドになります。

マヨラーにはたまらないマヨネーズかけ放題サービス。

 

 

そして想像よりもかなり小ぶりだったエビフライ。

 

サクサクと揚がってはいますが、

海老も硬く、質が良いとは言えませんでした。

 

 

こちらはサービスのからあげ。

 

なかなかおおぶりなもので、3口くらいで頂くサイズ感。

しょうが焼きがかなり濃いめの味付けだったからかも知れませんが、こちらのからあげはやけに淡泊な味わいに感じます。

 

ご飯と合わせるにはもう少し下味が欲しいところ

 

 

そして最後にこちらの生卵

 

 

この生卵はどう使うのが正解なんだ?

 

と考えながら食べ進めて行ったのですが、最後まで効果的な使用方法は見つからず…

 

 

結果最後は玉子かけご飯になったのでした。

 

 

 

という事で猫の日に訪問となった定食居酒屋のねこ膳。

 

さして激安!というわけでも無く、激ウマ!というわけでもありません。

 

ただ、何だろう?

なんかお店の雰囲気が良いというか、久しぶりに出会った大衆定食屋という感じで、全体的な印象としては好きです。

 

既にお店は開業から11年経っているようで、ファンの方がたくさんいらっしゃるのも納得です。

 

 

個人経営で24時間営業はかなり大変なんじゃないかと思うのですが、新宿の深夜食堂としてこれからも頑張って欲しいと思います。

 

ご馳走様でした。

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

飲食笑商何屋ねこ膳(いんしょくしょうしょうなにやねこぜん)

◆営業時間

24時間

 

◆定休日

無し

 

◆場所

東京都新宿区新宿5-17-1

 


 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク