新宿三丁目駅近くのひだりうまアンドエイワンの木曜日はカレーの日!300円で頂けるお袋カレーを頂いた

先日Twitterにメッセージを頂きました。

「うちにも来てね」

という突然でシンプルなお誘い。

 

メッセージを頂いたTwitterアカウントを見てみると、84歳の方が現役で営業している定食屋さんのようです。

新宿でランチ営業をしていらっしゃるようですが、僕の母親以上のご年齢。

 

どーせ毎日ご飯は食べているわけで、せっかく頂いたお誘いを断る理由も特にありません。

新宿の街を歩いている中でそんなお誘いがあった事を思い出し、早速行ってきたのでした。

 

地図を頼りに向かった先は、新宿三丁目末廣亭のすぐ近く。

 

該当の場所に辿り着いたところ

 

 

該当のお店のものと思われる看板が強風に煽られて倒れていました。

なんだかのっけから暗雲の立ち込める展開。

とりあえず84歳の女亭主の方に敬意を払い看板を直したうえでもう一度写真を撮ります。

 

 

とりあえず気になるのはシオガ焼きとステキどん。

そして改めて見てみると、47周年記念という事で木曜日のこの日はカレーが300円との事。

なかなかの激安っぷりです。

 

お店の看板を確認した後にエレベーターにて雑居ビルの4階に上がります。

 

エレベーターを4階で降りると、雑居ビルの中でも一段と雑居感のある光景が広がっていました。

新宿三丁目、末廣亭近くの定食屋さん?であるひだりうま&エイワン。

 

お店のロゴにもなっているひだりうまの部分は、まぁ縁起の良いものとして理解できるのですが、エイワンの部分はなんなんだろう?

と思って他の方の口コミなども確認してみましたが、どうやら亡くなった栄一さんと言う方のお名前をもじっているようです。

 

見るからに地域密着感が凄くて、若干ドアを開ける事に恐れのようなものを感じないわけではありませんが、ここは勇気を出して訪問してみようと思います。

スポンサードリンク

新宿三丁目の末廣亭近く、お店の歴史を感じて仕方ないひだりうまアンドエイワン。

お店の中に入ると、なんとなくゆっくりとした時間が流れています。

 

先客は2名。

一人は常連さんぽい感じですが、もう一人はおそらくは僕と同じ初訪問の方。

 

最近僕は初対面の方とも抵抗無く話せるような精神状態なのですが、初訪問と思われる方は女将さんに話しかけられて若干タジタジしています。

 

ひだりうまアンドエイワンの店内はこんな感じ。

 

 

もうなんか…とにかく雑然としています。

 

カラオケっぽい設備があるところを見ると、夜はスナック的な感じなのかな?

 

 

メニューも色んなところに色々書いてあり情報は玉石混合。

 

現代のインターネット世界を体現しているようなお店です。

 

 

一応メニューが一覧になっている黒板のようなものもありましたが、明らかに一階の立て看板の内容とは品目も価格も違うのです。

 

「メニュー無いですか?」

 

と確認してみたところ、口頭でその全てを説明して頂けました。

 

ただしその説明された料金も一階の看板とは差異があり、結局何が正しいのかは未だに分かっていません。

 

 

女将さんの口ぶりから察するにカレー押し。

 

確かに300円という激安価格ですので、よほどの事が無い限り失敗という事はないでしょう。

 

後はローストビーフ等もオススメとの事でしたが、来店が初めての旨を伝えるとじゃあカレーにしなさいとの事でした。

 

 

「カレー単品なら300円、ハヤシとのあいがけなら500円、鶏のワイン蒸しを付けると600円」

 

との説明でしたが、鶏のワイン蒸しトッピングは下の看板によると200円、黒板のメニュー表によると150円。

 

値段設定の詳細については藪の中ですが、とりあえずアドバイスに従って600円のカレーをオーダー。

 

 

 

なんだかモヤモヤさまぁ~ずに出てきそうなお店だなぁ。

 

逆にモヤさまが来ていない事が不思議な気がします。

 

ちなみに一階の立て看板に記載のあった「シオガ焼き」はしょうが焼き。

「ステキどん」はステーキ丼との事でした。

 

 

…あ!今日もカレー!

 

奇しくも7日間連続でのカレー記録達成となったのです。

ひだりうまの木曜日はカレーの日との事で一杯300円と言う激安っぷり。○○が禁止という衝撃のお店ルールが存在していた

注文前からその独自性を発揮するひだりうまアンドエイワン。

 

注文を終えると

 

「伊藤園の麦茶だよ」

 

とブランド名と同時にお茶が提供されました。

 

 

「フタがサランラップ」

 

という、期待を裏切らないひだりうまです。

 

さらにセットとなるサラダも提供されました。

 

 

こちらはトマトもあって立派なサラダ。

 

しかし他の方に提供されているサラダを見ると、明らかに使われている容器や内容量が違います。

 

とはいえ300円のカレーにこのサラダが付いてくるなら十分な出来栄え。

 

84歳の女将さんは流石に提供に時間がかかるようで、厨房からテーブルにサラダを運ぶ動きは牛歩の歩み。

これはある程度セルフサービスで動いた方が良さそうです。

 

待ち時間10分程度で提供されたのがこちら。

 

 

ひだりうまアンドエイワンで頂く木曜日限定300円カレーのハヤシあいがけ、鶏のチキン蒸しトッピングとなります。

意外にもフォトジェニックに盛り付けられた一品。

 

 

お味噌汁も白菜、ワカメなどが入って具沢山。

一口頂いてみますと、味わいも丁寧な仕上がりになっております。

 

 

今回は10分程度で提供されましたが、他の方の口コミを見ると30分程かかる事もあるとの事。

 

まぁ、流石にカレーにそこまでかかるという事は無いと思いますが。

 

しかし激安価格とは思えないボリューム。

ハヤシとカレーのあいがけという話でしたが、その見た目はあいがけには見えません。

 

 

とりあえずカレーを一口頂いてみました。

 

 

これは、なんだ?
フォンドボー的なものが香るカレー。

おそらくはハヤシとのあいがけになっているからなのでしょう。

 

あいがけというよりはミックスとなるカレー。

 

 

味の全体像はご家庭カレーとなるものの、ミックスっぷりが絶妙で深みのある味わいです。

具材の溶け込んでいるカレーで辛さはほぼありません。

 

ただ、唯一残念な点としては、ご飯の炊きあがりの柔らかさ。

カレーのご飯としては致命的な柔らかさとなります。

 

 

そしてこちらの鶏のワイン蒸し。

 

迫力のあるサイズ感のものが3切れ入っています。

 

カレーに包まれており素材自体の味わいについては確認が難しいですが、臭みは無くちゃんと処理された鶏肉です。

 

 

カレーの中ではナイフなどを使いにくいのですが、一口で頂くには大きすぎる鶏肉。

サラダに使ったフォークを駆使してかぶりついて頂きますが、若干の食べにくさを感じます。

 

 

付け合わせはこちらの真っ赤な福神漬け。

 

そして

 

 

どこまでがサービスとして提供されているのか分からないのですが、こちらはカレーと共に提供されている粉チーズ。

 

カレーにとろける系チーズは一般的ですが、粉チーズも良いですね。

むしろとろける系チーズよりも風味が強くて美味しい。

 

コクと深みのあるカレーとの相性も非常に良く、これは是非かけるべきです。

 

 

といった流れで食べ終わり、会計前にお店のトイレを利用して帰ろうとしたのですが、ここで事件が。

 

なんと、用を足してトイレから出ようとすると締めた鍵が何故か開かないのです。

 

2.3分ほど四苦八苦した後なんとかカギを開けられたのですが、女将さんから衝撃の一言が

 

「トイレの鍵かけちゃったんじゃない?酔っ払いが壊しちゃったからだめなのよー」

 

との事。

 

 

「トイレの鍵をかけてはいけない」

 

という衝撃のルールが存在するひだりうまアンドエイワン。

 

雰囲気が独特過ぎて、なんとなくファンになってしまうお店です。

ただし、用はたしてからの来店をお勧め致します。

 

他のお勧めも頂いてみたいのでまた訪問します。

ご馳走様でした。

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ひだりうまアンドエイワン

◆営業時間

ランチ:12時~15時

スナック:18時~翌1時

 

※変更とか全然ありそう

 

◆定休日

土・日

 

※おそらくは祝日も

 

◆ホームページ

ひだりうまアンドエイワン

 

◆場所

東京都新宿区新宿3-9-3 4階

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク