高輪台駅のジャックマカレルサンドイッチを訪問 初のアジフライサンドウィッチが思いがけず絶品だった

この日はCMオーディションの為、浅草方面にやってきました。

 

本来の僕のリズムとしては、朝食はコーヒーのみ。

そしてランチから一日の食が始まるわけですが、この日はイレギュラーとして、前日に奥さんと娘が父の為に作ったフルーツケーキを朝ご飯に頂きました。

 

 

朝ごはんとは言っても食べたのは10時ごろ。

このタイミングで食べるとリズムが乱れる事は分かっていましたが、奥さんと娘からの愛情には完食をもって応えなければなりません。

 

 

お昼には案の定お腹は減っておらず。

 

16時のオーディションに向けて浅草方面に向かったのですが、これも案の定、オーディション前にお腹が減って来たのでした。

 

 

何かしらお腹に入れておきたい。

とはいえガッツリし過ぎたものを食べるわけにもいかない。

 

 

という求めに応じてくれそうなお店がこちら。

 

 

高輪台駅すぐそばにお店を構える「JACK MACKEREL SANDWICH(ジャックマカレルサンドイッチ)

 

付近でオーディションなわけですが、ちょっと気持ちを落ち着けたい思いもあります。

 

 

軽くサンドイッチをつまみつつ、コーヒーを飲んでゆったりしよう

 

という喫茶店感覚で、この日はこちらに訪問してきました。

 

スポンサードリンク

高輪台駅降りてすぐ。専門店であるジャックマカレルサンドイッチを訪問。オシャレな雰囲気の店内には女性客多め。

お店に入ると店内は7割がた女性客により埋まっていました。

 

オリジナルトートバッグ的なものも販売していて、オシャレな感じの内装です。

 

 

至るところに魚のイラストが描かれております。

 

トートバックの陳列棚も水槽っぽく見える趣向が凝らされているので、何かしら魚押しのお店となるのでしょう。

 

早速メニューを見てみますと

 

 

ちょっと見にくいので改めて書き出しますが

 

 

アジフライサンドウィッチ Full:1380 Regular:980

マンガリッツァ Full:1480 Regular:1100

スモークサーモン Full:1450 Regular:1080

海老とアボカド Full:1520 Regular:1150

サーモンフライサンドイッチ Full:1560 Regular:1160

ミートボールとアボカドチーズ Full:1480 Regular:1100

 

サンドイッチメニューはこのようになっています。

 

さらに

 

 

農園産直オーガニックサラダ 1180円

タンドリーチキンサラダ 1540円

ツナとアンチョビサラダ 1420円

ナッツとサラミのサラダ 1420円

アジフライカレー 1080円

オリジナルチキンカレー 890円

アジフライピラフ 1350円

 

と言ったサンドイッチ以外のメニューも。

 

金額は全体的にお高め。

ここら辺はギリギリシロガネーゼの範囲内になるのでしょうか。

 

 

メニューの端々に現れる「アジフライ」

そして店内のいたるところにある魚のイラスト。

 

さらにはサンドイッチメニューの中でもアジフライサンドのみ、表記がサンドイッチではなく「サンドウィッチ」

 

以上の理由からジャックマカレルサンドイッチのアジフライサンドに対する本気度が伺い知れます。

 

 

という事で注文はアジフライサンドウィッチ(レギュラー)に決定。

そもそもアジフライサンドって珍しいですね。

 

 

こちらはドリンクメニュー。

 

コーヒーは本来490円。

ドリンクの値段はカフェと考えると決して高くはありませんが、セットでの注文時は250円で注文可能となります。

 

 

そしてこちらのグラタンメニュー。

 

グラタンがわざわざ別でメニューとして設けられているという事は、こちらもお店としては押しの一品となるのでしょう。

どうやらこちらは冬季限定メニューとの事。

 

ドリンクのメニューとしての一押しはこちら

 

 

電球ボトルで頂くタピオカミルクティー。

 

「流行りの」と記載がありますが、僕は初めて見ました。

流行っているのかどうかは定かではありませんが、確かに可愛らしいですね。

 

サンドイッチ専門店のアジフライが想像以上の完成度。歴代アジフライの中でもトップレベルの出来栄えだった。

アジフライサンドウィッチのオーダーを済ませ待つ事しばし。

 

お店の、おそらくは店長と思われる男性の方が注文を受けてくれました。

可愛らしいエプロンを付けて愛想も非常に良いのですが、シャツ越しにも分かる体格の良さ。

 

かなり鍛えていらっしゃるものと思われます。

 

 

先に提供されたこちらのホットコーヒー。

 

ドリップコーヒーのアッサリとした味わいです。

 

こちらを頂きながら待つ事5分程。

 

 

ジャックマカレルサンドイッチで頂くアジフライサンドウィッチ(レギュラー)

 

美味しそうなサンドイッチですが、これはどう食べれば良いんだろう?

骨が単独でサンドイッチに添えられております。

 

 

おそらくこういう事なのではないかと思い、骨だけポリポリ食べてみました。

 

ハーブで香りづけされており、スナック感覚で頂ける一品。

 

あとまぁ、体に良さそうです。

 

 

ひとまず骨を脇に置いて、サンドイッチの方に手を伸ばします。

備え付けの包み紙に包んで頂くわけですが、なかなかに具沢山でまとまりにくい。

 

 

サンドイッチを形作り一口頂いてみましたところ

 

 

これウマい!

 

 

めっちゃ美味しいのです。

アジフライは定食屋さんなどで頂く定番ですが、オシャレカフェでこんなにレベルの高いアジフライに出会うとは!

 

 

ふっくらと仕上がっており、生臭さのようなものも一切感じません。

 

普段は魚が生臭くて嫌いと言う人もこれなら食べられるんじゃないかと思います。

 

このアジフライサンドウィッチがドラえもんの発明道具だとしたら、名前は「サカナニガテジャナクナール」で決定ですね!

 

 

美味しさはアジフライだけではなく総合力ですが、キャベツのマリネのちょっとした酸味、タルタルソースのコク、みじん切りになっているオリーブの香りが良い感じにまとまっています。

 

他食材のサポートも入るので一概には言えませんが、今まで食べて来たアジフライの中でもトップレベルに美味しいのです。

 

 

「お好みで使ってください」

 

と渡されたこちら。

 

 

左はビネガー、右がソースです。

 

ソースがアジフライに合うのは自明の理ですので、まずは左の酢からつかってみました。

 

元々酸味もあるのですが、余計な風味が追加されることも無くとてもアジフライサンドにあいますね。

 

 

さらに一応ソースも使ってみました。

 

しかし…

 

 

ビネガーの方は出にくい作りになっていたのですが、ウスターソースは一気に出てくる仕様。

 

同じノリで傾けたところ、ソースをかけすぎるという悲しい事になってしまいました。

 

後半はソース味になってしまいましたが、これソースよりもビネガーの方がむしろあいそうですね。

 

 

そしてサイドとして同じお皿に乗って来たポテトとピクルスですが

 

 

一応書いておきますと、着目すべきはフォークの巨大さとピクルスの薄さ。

 

写真て大きさがいまいち伝わりにくいのですが、でかいフォークと儚げなピクルスのコントラストが印象的でした。

 

ポテトの塩加減は控えめなので、ケチャップとかもあった方が食べやすかったかもしれません。

 

 

 

と言う流れでの訪問となりましたJACK MACKEREL SANDWICH(ジャックマカレルサンドイッチ)

 

オーディション前に美味しいアジフライサンドイッチでテンションを上げる事が出来ました。

 

正直「手早くなんか食べよう」くらいの気持ちで入っていたので、予想よりかなり美味しいものが出てきて満足感も高いです。

 

また近くに来たときは立ち寄ってみたいと思います。

 

ご馳走様でした。

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

 

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

JACK MACKEREL SANDWICH(ジャックマカレルサンドイッチ)

◆営業時間

11:00~21:00(LO 20:30)

 

◆定休日

月曜日

 

◆ホームページ

JACK MACKEREL SANDWICH(ジャックマカレルサンドイッチ)

 

◆場所

東京都港区高輪3-9-15

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク