渋谷のミニヨンTOKYOからのデリバリー 予備知識ゼロで東京野菜を使った意識高い系のフレンチを楽しんだ

相変わらず家で悶々と過ごす日々

緊急事態宣言が明ければトランペットの演奏を伴うドラマの撮影があると言われており

日々トランペットに消音装置を付けて我が家で練習しているのですが、

果たして本当に撮影をする日は来るのだろうか…

そんな事を思いながら見ると、なんとなくトランペット自身も物憂げに光っているような気がします

トランペット

かと言って自粛中の我が家でやる事は、トランペット以外にこれと言ってありません

 

どうせやる事も無いなら美味しいものを食べて、毎日を楽しく過ごしていこうじゃないか

と、なかば開き直っている僕です

 

という事で、初のデリバリー注文をしてみました

ミニヨンTOKYOテイクアウトメニュー

先日友人から

「渋谷のミニヨンTOKYOが美味しくて良く行ってるんだけど、最近デリバリー始めたみたいだから良かったら」

とチラシ写真付きでお勧めされたのです

そのチラシは確かに美味しそうで、僕自身が食べた事のないバロティーヌなるものも

バロティーヌ

少々お値段は張りますが、どうせ自粛中に使うお金は食以外に無いし

 

そうなんです。

自粛してみて、普段自分が結構無駄なお金使ってたんだなぁ

という新たな気づきも得る事が出来ました

 

という事で

実店舗を見た事も無いですし、そもそもあまり馴染みの無い渋谷という土地の店舗ではあるのですが

この日はミニヨンTOKYOからデリバリーをしてもらいました

スポンサードリンク

渋谷のミニオンTOKYOからのデリバリーフレンチ 注文の電話をしてみると、なかなかオーダーのハードルが高かった

時系列はさかのぼり、数日前の事

チラシに載っている番号に電話をしてみた時の話です

 

そもそも気になっていたのですが、送られて来たチラシのデリバリー範囲

営業時間等のお知らせチラシ

渋谷区、目黒区、世田谷区、港区、など?

 

しかし我が家は武蔵野市と三鷹市の境目

はたしてデリバリーしてくれるのだろうか?

 

友人はどうやらミニヨンTOKYOの方とも親しいらしく

「大丈夫みたいだよ!!」

と言ってはいたのですが、、、

 

電話で聞いてみたところ

どうやらすぐにデリバリーするのは無理との事

 

注文受付のみ先行して行い、他にデリバリーで近辺の注文が入ればその時にまとめて持っていく事は出来るとの事です

しかし、それがいつになるのかは不明

用意が整えばミニヨンTOKYO側から連絡を貰えるとの事

 

なかなかハードルが高かったのですが、せっかく電話したし

友人もせっかく美味しいお店教えてくれたんだしなー

と思って、この条件を飲む事にしました

 

先行して注文だけしてもらいますとの事だったので

「何が注文できますか?」

と聞いてみたところ

「カレー2種とローストビーフ、グリルドチキンになります」

との事

 

あれ?バロティーヌ…

と思いましたが、己の気の弱さからそれ以上突っ込んで聞く事は出来ませんでした

 

「もうこの際だから、じゃあ全部で」

と雑なオーダーを済ませ、折り返しの連絡が来るのを待つ事数日

 

知らない番号から電話があったので出てみればミニヨンTOKYOの方

〇曜日の12時30分なら持っていけますとの事

時間も指定される程のタイトさなのです

 

ちょうどその日もお昼からオンライン飲みをする予定だったので、まぁおつまみにしたら良いか

という事でその日を待つ事になりました

デリバリーで我が家に届いたフレンチカレー2種、そしてグリルドチキン&ローストビーフ 我が家の食卓がかなり豪華に彩られた

こうして迎えたデリバリー当日

先日の電話番号から着信があったので出てみれば、近くに来ているとの事

そうして渡されたのがこちら

ミニヨンTOKYOデリバリー用袋

フレンチビーフスパイスカレー 900円
フレンチココナツマーラーカレー 900円
グリルドチキン&ロースト野菜 1500円
ローストビーフ 2000円

計5300円となるこの日のランチ

家族で食べるとはいえ、ランチとしてはなかなかの散財をしてしまいました

 

まずは開封されたカレー

左がミニヨンTOKYOが提供するフレンチココナツマーラーカレー、

そして右側がフレンチビーフスパイスカレーとなります

 

ビーフの方は欧風カレーっぽい色味

フレンチなわけだから、欧風なのも当然なのかな?

あれ?でもチラシに載ってたパパドは無い…

まぁ、どうしてもパパドが無いとダメな体質では無いのでここは流しおきます

 

まずはマーラーカレーのほうから頂いてみます

フレンチココナツマーラーカレー

おー結構しっかり痺れが

そしてそれなりに辛い

タイカレーのようにココナツが前面に主張するタイプのカレーではなく

どちらかというとマー&ラーの勝利です

 

しかしこれが完全に中華風のカレーかと言われるとそうでもありません

ここら辺がココナツの作用なのかもしれませんが、

なんというか…独特!

 

これは変わってるけれども、クセになる味わい

フレンチの奥深さを体現しているカレーとなっています

 

そして対するフレンチビーフスパイスカレーですが

フレンチビーフスパイスカレー

こちらは見た目の印象と近いコクの強い味わい

ビーフは煮込まれて繊維状になっているものと塊のものがゴロゴロと入っています

スパイスは何が際立つというわけでも無くバランス良く

 

こちらもそこそこ辛いのですが、

痺れがある分辛味が苦手な方はマーラーカレーの方が食べにくいかもしれません

 

カレーのレベルはどちらも高く美味しいのですが

唯一残念な点、というかこれはデリバリーの宿命ですけれども

距離が遠すぎて若干冷めてしまっていました…

 

こちらはローストビーフ

デリバリー用ローストビーフ

おぉー、肉量がすごいな

厚めにカットされたローストビーフは食べ応え十分

未就学児2人を含む家族4人では、一食では食べきれない量です

 

これまずローストビーフ自体が美味しいなぁ

ジューシーで、肉食べてる感があります

 

とはいえデリバリーはついつい注文しすぎてしまうのが欠点ですね

お昼ご飯として余った分はこの後のオンライン飲み会のおつまみに回します

ローストビーフのソース

ローストビーフにはディップ用のソースが付いております

娘はソース無しで食べていましたが

 

すりおろしタマネギの和風ソースとなっており、

新鮮なタマネギの瑞々しい甘味がローストビーフ自身の旨味と相まって非常に美味しい

ブルーチーズ

これは何だろう?

ブルーチーズ的な香りのする何かなんですが、

ブルーチーズそのものではないんだろうな

グリルチキンとロースト野菜の盛り合わせ

こちらはグリルドチキンとロースト野菜の盛り合わせ

カレーにもついていたひよこ豆のスパイス揚げと大根のお漬物もセットになっています

鶏の旨味がギュッと凝縮され、そこに合わさるトマトソースの酸味

こちらについては、我が家の肉食系女子がほぼ食べてしまい父には行きわたりませんでした

 

しかしこの盛り合わせでは僕としてはロースト野菜の方に感動を覚えておりまして

ロースト野菜(芽キャベツ)

先ほどのローストビーフの付け合わせの野菜もそうだったのですが、

野菜本来の味わい、そして甘味が強い

 

上の写真は芽キャベツのローストですが、

香ばしさと若干の苦み、そして甘味

このバランスが非常に良く、野菜がメインにもなり得るのです

 

という事でこの日はミニヨンTOKYOからのデリバリーによる贅沢ランチ

そもそも普段でもフレンチにはあまり行く機会がありませんが、

ミニヨンTOKYOくらいの価格帯なら敷居もそんなに高く無く利用できそうです

実店舗を見ていないのであくまで想像ですが

 

この騒動が終われば、教えてくれた友人と共に実店舗にも行ってみようと思います。

ご馳走様でした

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

「役にたった!」

と思っていただけましたら


人気ブログランキング

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • お店の名前
    ミニヨンTOKYO
  • 営業時間
    12:00〜16:00位
    ※デリバリーは2000円以上との事
  • 定休日
    不明
  • 場所
    東京都渋谷区渋谷3-14-5

ミニヨンTOKYOデリバリー
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク