4月にオープンした東新宿のマリーダカレーを訪問 オープン直後にゴールデン街から移転となったスパイスカレーの味わいは

この日は新宿に出ねばならない用事があったのです

久しぶりの新宿

電車に乗るのはあれかなぁという思いがあり、自転車を走らせる事1時間半

サイクリングとは言えなかなか汗をかきました

 

そして、新宿に行く事があったら是非行ってみたいと思っていたお店にようやく訪問

と、いつもならここでお店の外観を掲載しているわけですが、
訪問したのは今年の4月にオープンした間借りカレーの「マリーダカレー」

昼のみの間借り営業なので、外観は焼き鳥屋さんなのです

マリーダカレー立て看板

こちらはマリーダカレーの立て看板

ここにも掲載してありますが、コロンボなるカリブ海のカレーを提供する新店

 

マリーダカレーは4月にゴールデン街でオープンしたのですが、直後に例の緊急事態宣言

ゴールデン街は閉鎖となってしまい、マリーダカレーが営業していたのも一日だけ

その後は移転し、今は東新宿の駅から徒歩5分くらいの場所で同じく昼のみ営業中なのです

 

新宿を訪れた機会を逃すまいと訪問してきたのでした

スポンサードリンク

東新宿駅から徒歩5分。オープン直後に移転となったマリーダカレーを訪問。テイクアウトも可能なものの店内で実食

お店についてみると、テイクアウトも可能との表記が

まぁテイクアウトして近くの公園で食べても良いのですが、
店内が空いているようならやはり出来立てで頂きたい

と店内を見てみますと

マリーダカレー内観

13時過ぎというランチ時間帯ではあるものの、見事に誰もいないマリーダカレー店内

立地が微妙に駅から離れていることもありますが、
やはりコロナの影響は飲食店の方々に重くのしかかっている感があります

 

頂けるランチメニューは先述のコロンボとエキゾチックキーマカレーの2種類

マリーダカレーのチラシメニュー

エキゾチックキーマってなんだ?

と気になるところではあるのですが、まずはコロンボ

カリブ海のカレーと銘打ったコロンボに僕は釘付けなのです

 

カリブ海とはこれまで全く接点を持っていない僕。

大ヒット作であるパイレーツオブカリビアンでさえも適当に30分程見たのみ

 

そもそもカリブ海の人ってカレー好きなの?

という疑問を持って調べてみたわけですが、
どうやら植民地時代にカリブ海周辺の国に移って来たインドの方が広めたみたいですね

なんにせよ食べた事の無いカレーは楽しみです

 

ご飯の量は少なめ・普通・大盛で全て同料金

ダイエット中につき、普通盛りを選択したわけですが

このジャッジが後程我ながら

「正気か?」

と自分に問いたくなるような行動を生む事になったのでした

東新宿に期間限定出店となるマリーダカレー店内にてカリブ海の郷土料理であるコロンボを頂く。更にまさかのキーマカレーまで。。。

お店の中には僕以外に店員の方が2名

最近はどこのお店もお客さんの入りが少なく、
人員を減らして対応しているお店が多いです。

そんな中最近オープンして、しかも先述の通り僕以外に誰もいない店内に2名体制

 

そんなバブリーな事して大丈夫なのか?

と思いましたが、どうやら料理を運ぶ係の方はお店のオーナーの方との事。

ゴールデン街のお店もこちらの東新宿のお店もこのオーナーの方のお店との事で、アルバイトかと思っていたらむしろとても偉い人だったのでした

 

そんなこんなで待ち時間10分程度でカレーが提供されたのです

マリーダカレー謹製のカリブ海料理コロンボはしっかりスパイスカレー

コロンボ

わあ

もう一目見て美味しい事は確定のビジュアル

相変わらず店内で料理を頂くという事自体に特別感があって気分が高揚します

 

コロンボは塩漬けの豚肉を使った料理との事

確かに豚肉がゴロゴロと入っておりますが、
野菜も同じく沢山入っております

コロンボ

若干脂が浮いているのが分かる程にサラッサラのカレー

いわゆるルー的なものを使わないスパイスカレーです

 

一口頂くと香りが良くてめっちゃ美味しい。

ハバネロ等を使っているとの事で、
キーマと比べるとこちらのコロンボの方が辛味が強いと説明を受けていたのですが、
デフォルトではそこまで辛さは感じませんでした

 

こちらこのまま食べても美味しいのですが

コロンボの付け合わせ

こちらのマンゴー?的なフルーツとココナツ味の付け合わせ

カレーと一緒に頂く事でさらに広い可能性を見せてくれます

 

ちなみに僕は昔酢豚に入るパイナップル的ポジションのフルーツはあまり好きでは無かったんですが、コロンボに関しては甘味と瑞々しさが塩漬け豚肉にめっちゃあう

そしてドンドン違う味に変わっていくのが楽しいです

塩漬け豚肉

塩漬けの豚肉はかなりしっかりしたサイズ感

なのですが、スプーンで切れる系ホロホロ肉なので、食べにくさはありません

 

しかしこちらのコロンボ

風味はしっかりカレーなのですが、肉料理と言われれば肉料理という気もする

具材でご飯を食べ進めるような、そんなカレー料理です

 

コロンボにはこちらもセットで提供されました

ふりかけ

右側は辛さ調節の為のソースと言われた気がしますが、左はふりかけとの事

ただ、ご飯普通盛りだとカレーとご飯はベストな配分

ふりかけの出る幕は無いんだけどなぁ。。。

 

と、中を見てみますと

ガラムマサラ

ふりかけと言うよりは、ミックススパイス的な何かなのです

 

これはおそらくゆで卵の上にふりかかっていたやつなのですが、
改めてこのスパイスふりかけもたべてみたいなぁ

と思ったのですが

残りのご飯

もはやご飯の残量は一口のみ

自分のペース配分能力の高さが悔やまれます

 

とそんなこんなでコロンボを食べきり、いつもならばここでお店を後にするわけですが

この日は久しぶりの外食カレー

さらにはご飯を普通盛りにしているという事実が重なり

 

自分でもちょっとどうかと思うのですが、続けざまにキーマカレーを注文してしまったのでした

罪なウマさ!まさかのエキゾチックキーマカレー連食

それもこれも

「コロンボうっめぇ!」

という事が原因となります

 

最近はあんまり新宿来る事無いし、この機会にもう一品も頂きたい…

そんな思いから注文に至り、目の前に現れたのがこちら

エキゾチックキーマカレー

マリーダカレーの提供するエキゾチックキーマカレー

エキゾチックには

・異国情緒を感じるもの
・風変りなもの

という2種類の意味がありますが、マリーダカレーのキーマはこの両方の意味を有しているものと思われます

 

キーマカレーと言うより、ぱっと見の印象は豆カレー

コロンボの方が辛いという話だったので、
ほぼ辛味は無いのではないかと思い頂いてみたところ

キーマカレー

思いの外ちゃんと辛みはありました

ただ、辛いのが苦手な方でも食べられるんじゃないかな?
というレベルの辛味

豆カレーってマイルドな仕上がりのものが多いですが、
僕はカレーはやはりちょっとくらい辛い方が美味しいと思っているので、
マリーダカレーのキーマカレーは好みでした

 

とはいえ辛さよりも、むしろ爽やかさを感じるカレー

付け合わせは先ほどのコロンボとは違い、キャロットラペ的なもの

 

ちなみにこちらのマリーダカレーで使っているステンレスの皿なのですが、
実はかなりこだわって作っているようで、スプーンとステンレス皿のあたる音も楽しんで欲しいとの事

音までこだわっちゃう?

 

そんな細部にまでこだわりを見せる新店マリーダカレー

ドンドン人気が出るであろうことは間違いありません

ちなみに緊急事態宣言が解除されたらゴールデン街に戻るとの事。

「ゴールデン街で間借り営業の後に実店舗を持つ」

という流れはもはや定番になっているような気がしますが、
こちらのマリーダカレーもコロナに負けず是非頑張って頂きたいと思います。

ご馳走様でした!

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

「役にたった!」

と思っていただけましたら

人気ブログランキング
こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • お店の名前
    マリーダカレー
  • 営業時間
    11時30分~16時30分
    ※売り切れ終了
  • 定休日
    水曜日
  • 場所
    東京都新宿区新宿6-20-6

コロンボ
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク