洋食

四谷駅近く しんみち通り内のレストランバンビにて老舗洋食店のハンバーグとスクランブルエッグ 学生時代の懐かしい気持ちと共にがっつりメシをいただいた

目安時間 8分

この日は昼から四谷にて用事があったので、朝から四谷の美味しそうなお店を調べておりました。

しかし用事があるのは12時から。なんとも中途半端な時間。

 

用事の前にランチをするには、11時開店のお店がマストになります。

 

探した中でも美味しそうなお店はいくつかあったものの、定休日だったり11時30分開店だったり。

結局お店を決める事の出来ないままに四谷の駅に到着したのでした。

 

このままでは昼ご飯抜きになってしまう。

17時までご飯を食べられる環境ではない為、それではとても持ちません。

 

行きたい店としてピックアップしていたお店では無かったのですが、営業しているようだったので飛び込みで行ってきたのがこちらです。

 

レストランバンビとなります。

バンビという名前がなんだか可愛くて惹かれました。

 

お店の中をのぞけば、どうやらカウンター席のみ。

さらに食券制を導入しているようで、料理もサッと出そうな雰囲気です。

南北線の四谷駅から徒歩2分 1970年から続く老舗の洋食店レストランバンビ カウンター席からは料理人の手際の良い調理風景が見れる。

入って早速食券を購入です。

僕は本当は食券は苦手なんです。

注文前に長考したいのです。

 

しかし食券となると、食券の前に立つ僕の事をお店の方が注目しているような気がして気が急いてしまうのです。

ちなみに入った時点で他にお客さんの姿は無く、対してお店の方は3名。否応なく注目を集めています。

ハンバーグが食べたいという希望はあったのですが、よく全体を見渡さずにボタンを押してしまいました。

 

発注したメニューは「和牛ハンバーグスクランブルピリカラソース」

おそらくハンバーグとスクランブルエッグが乗っている事でしょう。

 

カウンター席に座るとすぐにセットのスープが運ばれてきました。

正直なところ、こちらのスープは付いても付かなくてもどちらでも良かったです。

具の無いコンソメのスープでした。

せめてバジルを上から一振りくらいは欲しいところですね。

 

とはいえ残すのは嫌なのでこちらのスープを頂きながら店内を見てみると

 

何故かゼブラ柄の椅子が設置されているカウンター席のみの店内。

 

そしてカウンター席からはキッチン内が見渡せる作りになっています。

オーダーの入ったハンバーグをパシンパシンと空気抜きをしているのが見えます。

 

カウンターには、おそらく夜のお酒客に備えてでしょう。

トッピングとして一品もののメニューが置いてありました。

エビフライなんかも食べてみたかったなーと思いながらメニューを裏返すと

 

 

あ!100円アップでエビフライとカニクリームコロッケの乗ったバンビスペシャルが食べられる!

完全にこっちを注文すべきだったと後悔しましたが、時すでに遅し。

 

手際良く調理を仕上げていくコックさんは最後の仕上げに入っています。

和牛ハンバーグスクランブルピリカラソースは、あたかも大人のお子様ランチだった 一皿で多様な味を楽しめる欲張りプレート

ここでプチ事件が発生です。

 

前述の通り僕はハンバーグとスクランブルのセットを頼んだわけですが、おそらく僕用のものと思われる皿には明らかに目玉焼きがセッティングされています。

 

あとは配膳を待つだけだったのですが、そこでおそらく配膳係の方が気づいたのでしょう。

小声で料理長ポジションの方にスクランブルエッグだという旨を伝えております。

 

僕としては急ぎ食べ終えてお店を後にしたい。

スクランブルエッグもこだわりで選んだわけではないので、ハンバーグさえあっていれば別に目玉焼きでも良いのです。

 

そこで

 

「あの、目玉焼きで大丈夫です」

 

とカウンターから声をかけたのですが

 

「いえ、大丈夫です」

 

とハッキリした声でまさかの大丈夫返しをされました。

 

 

「いやこっちが大丈夫じゃないんです。あまり時間が無いんです。」

と心の中でそのように伝えたのですが、調理の方は問答無用でスクランブルエッグの調理に入りました。

 

そして到着したのがこちら

 

和牛ハンバーグスクランブルピリカラソースです。

なんだか長い名前のソースのような商品名ですが、ボリューム満点。

 

写真では完全にスクランブルとハンバーグに隠れていますが、真ん中にご飯がこんもりと盛ってあります。

さらにその奥にこちらも高く積みあがったキャベツサラダ。キャベツサラダには胡麻ドレッシングをかけて頂きます。

そして右側にはカレー味のマカロニサラダ。

 

ピリカラ部分はどこなんだと思いましたが、どうやらご飯には多少のマーボーソースがかかっていてその部分を指すようです。

 

このプレートの魅力は何と言っても、多彩な味わい。

 

味が多すぎて、途中からは徐々に隣り合う食べ物同士の味が移っていきます。

スクランブルエッグに至っては最初からマーボーソースと切っても切り離せない関係になっていました。

 

スクランブルエッグはフワフワでバターの風味が豊富。なかなか美味しい。

しかしそのすぐあとにマーボーが追いかけてきて、スクランブルの余韻を完全に打ち消してから去っていきます。

 

 

ハンバーグを割ってみると、中身はこんな感じでした。

肉汁がたっぷりという訳ではなく、濃いめの味付け。

あまり肉の味は感じませんでしたね。

 

 

今回はなかなかにボリューム満点のランチでした。

こちらのお店は、働き盛りのお父さんや運動部の学生さんがターゲットという感じでしょうか。

 

なんとなく大学時代に食べたようなお店を思い出して懐かしい気持ちになる洋食屋さんです。

パパっとがっつり食べられて、全体的には満足のいくランチでした。

 

バンビ四谷店

◆営業時間

10時~22時

※昼営業は11時~14時

 

◆定休日

無休

 

◆場所

東京都新宿区四谷1-3津島ビル1階

 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA