和食

新宿伊勢丹近く 和味 りんにて西京焼き御膳をいただく 新宿の喧騒から離れた隠れ家的な料亭で上質な和食を堪能

目安時間 7分

この日はいつもランチを共にする友人がつかまらず、ランチを共にする事の少ない別の友人とランチに出ました。

 

友人によってもちろん好みはそれぞれ。

 

本日の連れは魚が好きなので、僕もあえてそれに反発する事もなく好みにあったお店の中からチョイスします。

 

そして向かった先がこちら。

地下一階にある和味りんとなります。

 

こちらは夜に伺うとそれなりの値段になるので軽い気持ちで一杯という風に行けるお店ではありませんが、昼ならリーズナブルに美味しい魚を堪能する事が出来ます。

 

地下一階への階段を下りていくと、お店に入った瞬間からお魚の匂いが立ち込めています。

伺ったのは13時過ぎ頃でしたが、待つ事もなくすんなりと入店出来ました。

 

新宿3丁目駅E2出口から徒歩0分。神経〆のお魚も堪能出来るこだわりの和食処りんはワンランク上のランチを求める働き人たちで賑わっていた。

すんなり入る事は出来ましたが、そんなに席数が多いわけでは無い店内。

席は9割埋まっています。

 

カウンター席と、テーブル席が何席か。

 

早速メニューを拝見すると

計7種類の献立が並びます。

 

お店の名前を冠した和味りん御膳!といきたいところですが、さすがにランチで2000円は家に帰ってから完全に怒られるでしょう。

自重するとなると一足お先に秋のおすすめ御膳、または神経〆の天然真鯛が頂ける特選焼き魚御膳が気になります。

さらに下には僕の好物となる西京焼き御膳も鎮座しています。

 

秋のおすすめ御膳は天丼がメイン。

本日の気分は焼き魚なので、まずこちらは選択肢からはずしましょう。

 

ちなみに神経〆というのはどこでも食べられるわけではありません。

 

一般的には血抜きをして魚を保存します。

これが活け〆です。

 

対して神経〆は漁師さんが神経だけを抜いて魚を仮死状態にして、鮮度を落とさない状態で出荷されるものの事を言います。

 

※上記は完全に聞きかじりの知識となります。この知識を人に話す際はなにとぞ自己責任でお願いいたします。

 

 

むむむ…。と熟考していたところ、友人が先に焼き魚御膳を注文していました。

そうなると金華サバの塩焼きと鯛の塩焼きで味付けが被る事になってしまいます。

 

さらに友人が焼き魚御膳なのに僕が特選焼き魚御膳を注文するとなんだかカドがたつじゃないかという忖度がはたらいて、結果的に西京焼き御膳を注文するに至りました。

 

 
スポンサードリンク




 

本格和食のお店でいただく西京焼き御膳。味付けは最低限に抑えて、素材の旨味を生かした本物の味わい

待つ事10分ほど。

 

まずは同僚の元に焼き魚定食が運ばれてきました。

そしてほぼ同時にこちらにも西京焼き御膳が運ばれてきます。

 

 

なんとも上品なビジュアル。

西京焼きの横にはあんずが添えられています。

 

ちなみに同僚の焼き魚定食は副菜は同じで

 

メインはこんな感じ。

 

表面にサバの脂がテラテラと輝いております。

 

まずは副菜から頂きます。

 

非常に上品な出汁で味付けされています。

 

シャキシャキとした食感と共に美味しく頂きます。

 

お味噌汁も、これは魚のアラ汁というんでしょうか?

出汁がしっかり出ていて美味しかったです。

 

香の物はぬか漬けですが、漬かり加減も丁度良くほのかに糠の香りがします。

 

茶碗蒸しもそうですが、小鉢一品毎に丁寧な仕事ぶりが感じられます。

 

 

そしてメインとなる西京漬け

 

何回上品て言うんだ。

と自分でも思いますが、改めてもう一度言わせてもらいます。

 

上品!

 

あくまで素材を活かす味付け。

脂がただ乗っているという訳ではなく、何というか、バランスのとれた脂の乗り方です。

 

普段は皮は生臭くて残す事もある僕ですが、こちらのお魚は皮も香ばしくパリパリで生臭さもありませんでした。

 

味付けは濃いわけでなく、むしろ淡泊なのにも関わらずご飯がすすむ。

そしてご飯自体も美味しい。

 

おかわりをしたくなりましたが、店内は忙しそうでそれはかなわず。

メニューを見る限りではおそらくご飯のお替りは有料かと思われます。

 

決して安いわけではありませんが、この日も満足度の高いランチとなりました。

忙しいのに店員の方の対応もとても心地よかったです。

 

和味りん

◆営業時間

ランチ :11時30分~14時30分(L.O.13時45分)

ディナー:17時30分~22時30分(L.O.22時)

 

◆定休日

日曜日

 

◆場所
東京都新宿区新宿5-17-6
 


 

 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA