蕎麦

蕎麦界のコスパ暫定1位 新宿駅東口から徒歩5分の嵯峨谷(さがたに)歌舞伎町店に行ってきた この金額でこの風味は唯一無二 オススメの激ウマ十割そば

目安時間 10分

前回の記事で紹介させていただいたようにお昼にオシャレバーガーをいただきまして、本来なら夜は外食をせず家に帰って我が家でいただくのです。

 

しかし、おそらくお昼に食べた量が成人男性にはやはり少なめだったのでしょう。

 

夕方ごろには働きながらも大変な空腹を感じておりました。

 

 

このままでは帰宅ラッシュのストレスに打ち勝つ事は出来ない。

と判断して、何か簡単なものをお腹にいれてから帰る事にしたのでした。

 

 

そこで向かったのがこちら

 

帰り際に簡単にお腹を満たしてくれるのにこれ以上のお店はありません。

 

こちらは24時間営業していて、都内に何店舗かあります。

とにかく蕎麦が美味しくて安いので、空腹時に見かけるといつも立ち寄ってしまいます。

 

食券を買って提出後呼ばれたら取りに行くというスタイルは立ち食いそばに近いのですが、今のところ伺った嵯峨谷さんの各店舗はどこも椅子がありました。

 

こちらのお店もカウンター席のみで30席~40席ほど。

 

以前はもりそばを280円という価格で提供していたのですが、いつごろからか320円に値上げとなっております。

さすがに新宿という立地でもりそば280円は無理があったのでしょう。

 

 

とはいえ、味を考慮にいれるとそれでも全然安いくらいです。

 

立ち食いソバは東京にいろんな系列がありますが、こちらのお店は蕎麦の風味という点で明らかに他の立ち食いソバ屋さんとは一線を画しています。

僕の中では立ち食いソバ界の覇者。

 

個人的には大好きなお店なので、嵯峨谷さんの良さを語りだすと枚挙にいとまがありません。

早いところ入店しようと思います。

新宿駅東口から徒歩5分という好立地にも関わらず破格の値段設定でしかも24時間営業。どうやって経営が成り立っているのか不思議な嵯峨谷歌舞伎町店を訪問

お店に入るとなんだかお祭りのような太鼓囃子が聞こえてきます。

コンセプトは良く分かりませんが、おそらく江戸っぽさなんでしょう。

 

お店の中は7割程度のお客さんの入り。

時刻は19時20分ごろです。

 

入ってすぐに券売機があります。

混雑時に備えてまったく同じ券売機が横並びに2台設置されています。

 

右下の青いのは朝セット。

朝セットは納豆ご飯・卵ご飯・アジご飯と蕎麦がそれぞれセットになって390円。

 

時間が書いてないので何時から何時が朝という認識なのか定かではありません。

 

 

以前一度アジご飯もいただいた事があるのですが、正直ご飯ものはそこまで強いオススメの気持ちはありません。

 

 

サイドメニューよりも、こちらのお店はとにかく蕎麦なのです。

温かい蕎麦でも冷たい蕎麦でもどちらでも美味しいのですが、僕はもっぱらもりそばを頼みます。

 

今回は

 

・2枚もりそば(550円)

・茄子天(180円)

 

こちらにしました。

 

茄子天180円てちょっと高くない?

という気持ちはありましたが、食べた事無かったのでつい注文してしまいました。

天ぷらに関しては今まで何度か頂きましたが、揚げ方によって外れの時と当たりの時がある気がします。

 

食券をもって店内に入って行って、カウンターにいる方に食券をお渡しします。

 

大体5分くらいで提供されるので、席を決めてから身の回りを整えておきましょう。

 

 

まずは蕎麦湯コーナー。

まぁ蕎麦のゆで汁ですね。

 

蕎麦の栄養素であるルチンには血管の弾力を高める効果があるそうですが、ルチンは茹でられる中で結構な量が溶けだしてしまうそうです。

そこでこの蕎麦湯を飲むとしっかりとルチンが摂取できるとのことですが、僕はいまいちこの蕎麦湯をどう楽しんで良いものか測りかねています。

 

 

とりあえずコップに入れて、席に持って行っておきましょう。

 

 

そして次に向かうのは

 

 

こちらのワカメコーナーとなります。

 

蕎麦の薬味が好きな方多いと思いますが、こちらのお店ではなんとワカメが食べ放題。

まぁワカメだけそんなにたくさん食べられないとは思いますが、とりあえず一壺自分の席に持って行っておきましょう。

 

周りではワカメをつまみにビールを飲んでいる方もいます。

それもどうかと思いますが。

 
スポンサードリンク




 

今まで幾度となく食べてきた絶品の十割そばを改めていただく。茄子天もトロットロで想像以上にウマかった

想定通り5分程度で食券番号を呼ばれました。

 

2枚もりそばなので、この下にもう一段もりそばが重なっています。

 

早速おそばをいただきましょう。

 

 

甘じょっぱい濃いめのつゆなので、先をちょっとつけるだけで充分です。

好みによりますが。

 

十割そばなのでのど越しが良いという訳ではないですが、一口食べると蕎麦の風味が口いっぱいに広がります。

 

 

蕎麦と一口に言ってもいろいろあるのでのど越しを重視する方もいるかと思いますが、僕の場合は香りと味がしっかりしている事が重要だと思っています。

 

街のお蕎麦屋さんで600円~700円くらいするそばでもまったく蕎麦の味がしないという事はよくあります。

それに比べてこちらのお店は320円という低価格にも関わらずしっかりと蕎麦の味と香りを楽しむ事が出来るのです。

 

 

次に茄子天をいただきます。

 

塩や天つゆ等は用意されていませんので、天ぷらはつけ汁につけて食べる事になります。

 

食べてみると揚げたてで、サクサクというよりはカリカリという食感。

以前こちらでかきあげをいただいた時に思ったのですが、天ぷらを少し揚げすぎるところがあるようです。

 

 

しかしこちらの茄子天に関しては中身がトロトロになっていて大変美味しく頂きました。

 

 

ただし天紙が引いていないので、お皿に余分な油が残ってしまっているのは残念でした。

揚げてから皿に盛られて蕎麦が茹で上がるまでの時間待機している茄子天が目に入っていましたので、その待機時間があるなら油が切れるところに置いておいて欲しかったと思います。

 

表面に余分な油がまとわりついているので、つけ汁がかなり油っぽくなってしまいました。

 

とはいえ全体的に満腹で大満足です。

 

 

最後にせっかくなので蕎麦湯をつけ汁の中にいれて汁を割って、さらにその中にワカメを入れて食べました。

 

お店側のサービスを隅々まで堪能して、最後は食べたトレーを下げ棚に返します。

 

 

 

今日もご馳走様でした!

 

嵯峨谷 歌舞伎町店

◆営業

24時間

 

◆定休日

無し

 

◆場所

東京都新宿区歌舞伎町1-16-2


 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA