カレー

新宿ゴールデン街にて間借りカレーのお店RHiME(ライム)に初訪問 カレーへの深い愛を持つ店長さんが作ってくれた激ウマカレー3種がけ

目安時間 10分

この日は土曜日。

 

特に仕事という訳では無いのですが、知人と予定を合わせての自主的なリハーサルの日となります。

 

時刻は12時をまわったところ。

 

友人を誘ってゴールデン街のエピタフカレーへ向かいます。

先日、さらにその先日もカレーを食べたにも関わらず、本日もカレー。

 

どうやらやはり僕はカレーが好きなようです。

3日連チャンになっているという事も、この記事を書く時に初めて気が付きました。

 

 

予想はしていましたが、平日の13時代でも並びが出来ているエピタフカレーの土曜日12時はなかなかの行列になっていました。

 

エピタフカレーに誘った僕に若干怒り気味の友人でしたが、この日は自分の中でもう一軒行きたいと思っていたお店があるのです。

それがこちら

 

エピタフカレーのすぐ隣にある、同じく間借りカレーのお店RHiME(ライム)となります。

SNSで情報を見つけたお店ですが、9月から週5営業に変わったとの事。

 

新宿駅から徒歩7分 ゴールデン街にある間借りカレーRHiME(ライム)にてカレーランチ

看板横の急な階段を上がると、暗く怪しげな店内。

ゴールデン街ならではですね。

 

ゴールデン街は全体的にそうですが、バリアフリーにはまったく対応しておりません。

 

階段を上がるとお店なわけですが、12時30分ごろの時点で先客2名。

2名とはいえ全部で6席程度なので、我々が入るとほぼ満席です。

 

間借りカレーというだけに15時からはバー営業。

店内は完全にバーとしての作りです。

 

 

間借りカレーとはいえこちらの店長さんはカレーに対する愛が深く、頻繁にお店を休んで各地にカレーを食べに行って研究をしているようですので、こだわりの詰まったカレーになっているものと想像します。

 

 

席に着くとメニューの記載されたタブレットを渡されました。

 

 

ポークカレーをレギュラーメニューとして、毎月変わりでのカレーを提供しているようです。

9月の限定カレーはエビの濃厚ココナッツミルクカレー。

 

どっちも食べたいので、あいがけカレーを注文。

と思ったわけですが、本日のみ「いりこ出汁の豚軟骨カレー」を加えた3種のあいがけカレーをいただけると口頭で伝えられました。

 

せっかくお勧めして頂いたので

 

・3種のあいがけカレー(1300円)

・チー玉トッピング(250円)

 

を注文です。

 

他の常連の方に話しているのを聞いていたのですが、3種がけを提供するのは初めてとの事。

この日は完全に気まぐれでいりこ出汁の豚軟骨カレーを作ったようです。

 

 

ちなみにチー玉はチェダーチーズに生卵を乗せたものを炙って提供されるとの事。

チーズはわかりますが、生卵の炙りってどういう状態になるのか。

 

わくわくしながら注文です。

 

ちなみに同僚はレギュラーのポークカレーを注文。

 

帰ってからみつけたのですが、食後のコーヒーを平日は無料で、土日は100円でサービスとの事。

お店の9/24のフェイスブックページにて発見したのですが、メニュー上には特に記載が無く気が付きませんでした。

 

とはいえこちらのお店、頻繁に変更がありそうな雰囲気なので注意が必要です。

 

スポンサードリンク




 

 

いりこ出汁の豚軟骨カレー、エビの濃厚ココナッツミルクカレー、ポークカレーのトリプルあいがけカレーをいただく 店長のカレー愛が詰まった一皿は絶品

注文して7分程待つとカレーが運ばれてきました。

 

 

3種あいがけのカレー。

2種のあいがけまではよく見ますが、3種となるともはや混ざり合う部分もでてきます。

 

右がいりこ出汁の豚軟骨カレー。

左がレギュラーポークカレーのチー玉トッピング。

真ん中奥がエビの濃厚ココナッツミルクカレー。

 

となります。

 

レギュラーポークはチーズに隠れて色は確認できませんが、3種類の味が楽しめるってめちゃくちゃワクワクしますね。

 

 

まずは一口頂いてみます。

こちらが豚軟骨。

上にはカイワレが乗っています。

 

どちらかというとサラサラな感じのカレーですが、スープカレーという状態にはなっていません。

舌に触るザラザラとしたような食感はおそらくスパイスによるものと思われます。

 

辛口ではあるものの、辛い物が苦手な友人もウマいウマいと言いながら食べていました。

僕もそんなに辛いとは思いませんでしたが、辛みが強くはないものの汗がジンワリと滲んできます。

 

 

豚肉と軟骨のコリコリした食感が面白く、もっと豚の臭みを感じるものと想像していましたが杞憂に終わりました。

カレー自体はしっかりとスパイスを感じつつ酸味も効いていてビンダルー風味。

さらにコクのある奥深い味わい。

 

酸味が何によるものなのか分かりません。

この酸味はお店の名前通りライムなのか?とも思いましたが、実際のところはどうなんでしょう?

トマトともちょっと違う感じがします。

 

 

ただ、大変美味しいです。

スパイスと酸味との相乗効果でサッパリと頂く事が出来ます。

 

 

いりこ出汁って、カレーうどんみたいな味になるのかな?

と想像していましたが、完全にカレーでした。

 

ただ、食べた後にフワッと魚介系の風味が鼻に抜けます。

 

 

こちらがエビ。プリプリです。

 

カレーは主となるものは同じで、それに手を加えて別のカレーにしているのでしょう。

 

炙られたチェダーチーズと卵も正解でした。

 

焦げた香りが既に完成度の高いカレーをより立体的な味わいにしてくれます。

タマゴは炙ってはありますがほぼ生の状態。

 

こちらも酸味とスパイスが卵のマイルドさとチーズのコクに包まれてまた違った味わい。

 

そしてタマネギのピクルスがお皿の端に盛られているわけですが、このタマネギを間に挟む事で3種それぞれの味わいがしっかりと堪能できます。

 

 

もちろん好みもあるでしょうが、こちらのお店個人的にはとても好きでした。

月替わりで別のカレーが頂けるタイミングで定期的に訪問したいと思います。

 

 

お店を出てもエピタフカレーは相変わらずの行列っぷり。

みんな忙しい中並ぶくらいなら、ライムのカレーを食べてみれば良いのに。

 

 

 

◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「面白かった!」
「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

間借りカレー RHiME(ライム)

◆営業時間

12時~14時30分

※カレーが売り切れ次第終了

 

◆定休日

月曜・火曜

※ただし、お話しを聞いている限り不定期なお休みとか多そうです。公式Twitterで営業日の情報を配信しているので確認してからの訪問をお勧めします。

 

◆場所

新宿区歌舞伎町1-1-6

※ただしこちらも仮の場所っぽいです。同じゴールデン街5番街 SKAVLAで以前営業していたようですが、現在は一時的にHIPで営業中との事

 

 

 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA