中華

高田馬場駅近く手打ち麺やきそば専門 真打みかさ本店を訪問 行列の出来る焼きそば専門店を立ち上げてきた店主によるこだわりの一皿をいただいた

目安時間 10分

この日はランチを食べそこねた為、お腹を空かしてさぁ食べに行こう!と思った時には既に15時30分。

 

この時間に食べられるお店というのは限られてきます。

 

しかし、こういう時の為に以前から訪問の機会を狙っていたお店がありました。

 

東京はなんだか蒸し暑い毎日。

新宿から歩いた為着いた時には汗だくですが、たまにはこんな運動も必要でしょう。

 

 

やきそば専門店「真打みかさ」本店となります。

 

こちらのお店は神保町にも支店があり、むしろ神保町のお店の方が有名。

しかし実はこのお店の店長さんが神保町にお店をだして、有名になった後はお弟子の方にお店を譲り、自分はこちらの高田馬場にお店を出したという事なのです。

 

なのでOPENからまだ3年程ではあるのですが、こちらのお店が本店になるのです。

 

 

何故行列の出来る人気店を譲って自分がこちらの高田馬場に移ってきたのかというと、手打ちで麺を打てる場所が欲しかったからという事なのです。

なんとも職人気質を感じるエピソードですね。

 

現在のみかさの味はこちらの店主が30年以上かけて作り上げたものとの事。

事前情報によりかなりハードルが上がっています。

 

そもそも焼きそばというジャンルで専門店をOPENさせ、しかもそのお店を有名店にするというのは生半可なことでは無いと思います。

 

 

お店に着いたのは15時50分ごろ。

特に並びの様子は見受けられませんでした。

 

さすがにこの時間はランチとは言い難い時間ですからね。

 

早歩きで到着したことによる息切れにより、鼻息荒めの入店です。

 

JR高田馬場駅から徒歩3分 ヤキソバを専門とするみかさ本店は、なんとも潔いメニューだった

お店に入ると10席ほどのカウンターに先客は3名ほど。

 

店内に入るとすぐに麺打ちスペースがあります。

 

そしてこちらのお店も、僕の苦手とする食券制度を導入しています。

 

しかし、こちらのお店では悩む時間は要しません。

 

なぜなら

 

食事のメニューは4種類のみ。

 

・ソース並盛

・ソース大盛

・塩並盛

・塩大盛

 

のみだからです。そして料金は800円均一。

 

あとはドリンクメニューもありますが、食券機のほとんどのボタンは仕事をお休みしております。

 

 

こちらのお店はソースにもこだわっており、だいたい2週間寝かせたものを使っているとの事前情報を得ておりました。

お店の奥にはソースが眠っているのであろう壺のようなものもたくさん見受けられます。

 

職人気質なおやっさんが作る塩焼きそばももちろん美味しいのでしょうが、やはりここはソースを堪能してみたいと思い

 

・ソース大盛

 

のチケットを購入しました。

 

 

おやっさんに食券を渡した後は、お水はセルフサービスとなります。

 

カウンターからおやっさんがやきそばを仕上げている工程を覗く事が出来るのですが、見事な手さばき。

 

まず麺を茹でるところから始まります。

 

焼きそばなのに茹でるんだー。

と思ったのですが、たしかになかなかの極太麺なので焼くだけで仕上げるのは無理でしょう。

 

一般的なお店でも焼いている間に水をかけて蒸す工程がありますが、茹でるのが蒸しに相当する工程なのでしょうね。

 

麺を茹でている間に卵と豚肉を焼いて、茹で上がった麺と炒め合わせながらソースで仕上げます。

この段階になると、ソースの香りが充満してなんとも食欲をそそります。

 

スポンサードリンク




 

 

この道30年以上のおやっさんが作る麺はモッチモチで食べ応え十分。やきそば専門店が提供するこだわりのソース焼きそばを食べてみた

こうして7分程で焼きそばが到着。

 

職人気質のおやっさんは言葉も少なく

 

「おまちどお」

 

の一言のみ。

 

そんな30年以上の焼きそば研究の結晶がこちら

 

 

ソースの香り漂うやきそばです。

 

具はキャベツ・もやし・豚肉。

上にはカツオ節と青のり、そして半熟卵がトッピングされています。

 

テーブルには紅ショウガとイカ天かすがあるので、いろどりも加えて頂きます。

 

まずはこだわりの麺からいただいてみたいと思いますが、こちらの麺が極太でソースをしっかりまとっており重い!

これは油断して食べると洋服にソースが飛ぶパターンのヤツですね。

 

ただでさえ汗まみれになっているのに、ソースを付けてしまっては街で白い目でみられてしまいます。

 

ここは細心の注意を払いながらいただきましょう。

 

 

いただいてみると、モッチモチの麺です。

この麺の食感が良く、むしろ他の具材が邪魔に感じるほど。

 

プルンとしていて、歯がゆっくりと沈み込んでいくような麺。

 

ソースは甘味も感じますがスパイシーで濃い味。

とてもビールとの相性が良さそうですが、まだお酒を飲むわけにはいきません。

 

大盛にしたので、なかなかの量があります。

おそらく僕は成人男性としては小食な方だと思いますが、食べきれない程ではありません。

 

同系色で非常に見にくくはなっておりますが、豚肉はカリカリに仕上がっており旨味を与えるとともに食感のアクセントにもなってきます。

 

そして半熟に仕上げられた卵を割ると、スパイシーなソースと混ざり合ってマイルドな味わいに。

濃いめの味付けなのでそれだけだと徐々に飽きがくるものの、それを計算しているのか様々な味わいにかわっていくやきそばです。

 

さらにテーブル上には自由に使えるネギも置いてあり

 

 

からしマヨネーズや辛口ソースなどもセッティングされているので味変には事欠きません。

 

せっかくなのでネギを乗せて頂いてみましたが、シャキシャキ食感とネギの風味でまたサッパリと頂く事が出来ます。

 

 

たしかにソースとネギの風味が絡まって美味しいのですが、どうしてもシャキシャキが加わると麺の食感が薄れてしまうのでなんだかもったいないような気もします。

 

 

こうして本日も満足度の高いランチを堪能する事が出来ました。

 

 

しかし、一つ難点が…。

 

 

お店を出て気づいたのですが、ソースの匂いが服にガッツリ移っています…。

 

こうして汗とソースの香りに包まれながら、新宿の街に戻って行ったのでした。

 

 

 

 
◆ブログランキングに参加しています◆
もしも今回紹介させていただいたお店の情報が

 

「面白かった!」
「役にたった!」

 

と思っていただけましたら

人気ブログランキング

こちらをクリックしていただけますと大変うれしく思います。
今後の更新の励みにさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

手打ち麺やきそば専門 真打みかさ 本店

◆営業時間

11時~21時

 

※麺が売り切れ次第終了

 

◆定休日

不定休

 

◆場所

東京都新宿区高田馬場4-4-10

 

 

 

Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA